エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

太陽光ローン(ソーラーローン)のメリットとデメリット

太陽光ローン(ソーラーローン)のメリットとデメリット

昨今、太陽光発電は再生可能エネルギーの中でも注目を集めていますが、高額な初期費用が掛かるというイメージから、なかなか導入に踏み切れない人もいらっしゃるでしょう。

そのような場合、太陽光発電の導入に活用できる太陽光ローン(ソーラーローン)を利用するのがおすすめです。

そこで今回は太陽光ローンについて、メリット・デメリットなどについて詳しくご紹介していきます。

この記事のタップできる目次

太陽光ローン(ソーラーローン)の基本的な概要

太陽光ローン(ソーラーローン)の基本的な概要

再生可能エネルギーとして昨今注目を集めている太陽光発電ですが、太陽光発電システムの設置には、費用がかかります。

太陽光発電を設置するための費用は10年前と比較すると安価になりました。

とは言っても、現在でも高額な費用がかかります。

ここでは太陽光ローンの基本的な概要について見ていきましょう。

太陽光ローンとは何か?

太陽光ローンとはソーラーローンとも呼び、太陽光発電や蓄電池などの設備の導入に際して利用できる融資のことです。

太陽光ローンによって初期費用をローン方式にし、太陽光発電という環境にやさしい機器の普及拡大を目指すことが目的です。

世界中で再生可能エネルギーを普及させる動きもあり、太陽光ローンを利用すると、最小限の初期費用で太陽光発電設備を導入できる可能性があります。

太陽光発電設備と住宅ローンの組み合わせ

太陽光パネルの設置のみを目的としたソーラーローンもありますが、住宅ローンに組み込んだ方が金利が安くなるため、住宅ローンに組み込みたいと考える方は少なくないでしょう。

新築時に同時に太陽光パネルを導入すると太陽光発電も建築費用に含めることができます。

住宅の新築時であれば、太陽光発電の費用を住宅ローンに組み込むことが可能です。

太陽光ローンの対象となる設備の種類

太陽光発電設備の導入にかかる費用は、設備自体の購入費用だけでなく、設置工事費用がかかります。

太陽光ローンは、太陽光発電設備の購入費用だけでなく、設置費用への利用も可能です。

具体的な設備は、屋根上に設置する太陽光パネル・太陽電池を屋根に固定するための防水対策をした取り付け金具などの屋根用架台、太陽電池で発電した電気を家庭で利用できるよう変換するパワーコンディショナー、発電した電気をパワーコンディショナーからブレーカーに送るケーブル、発電して余った電気を電力会社に売るための売電メーターなどが挙げられます。

太陽光ローンのメリット

太陽光ローンのメリット

太陽光発電システムを導入する際には太陽光ローンを組むことができるため、費用に不安な方でも安心して始められます。

ここでは、太陽光ローンのメリットについてご紹介します。

初期費用0円で太陽光発電が可能

一部の金融機関や太陽光ローンのプランでは、太陽光発電システムの設置に必要な全額を資金として借り入れることができ、頭金を必要としないプランを提供している金融機関もあります。

これにより、初期費用を全くかけずに太陽光発電システムの設置を進めることが可能になります。

太陽光発電システムの設置には大きな初期投資が必要となりますが、太陽光ローンを利用すれば、これらの費用を全額借り入れることが可能です。

太陽光発電による電気代削減

近年、自宅の電気代が上がったと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に特におすすめなのが、太陽光発電です。

太陽光発電の基本的な仕組みは「日中は太陽光発電でつくった電力を使い、夜は買った電力を使う」というもので、日中の使用電力が発電量を下回っていれば電気代はかからず余った電力は売ることができます。

そうすることで電力を買う総量が減り、売電収入も増えるため、電気代を大きく抑えることができるのです。

ローンの支払い負担を売電収入や節電分で軽減することが可能

太陽光ローンを活用すると、毎月ローンの支払いが発生します。

通常のローンと太陽光ローンの違いは、このローンの支払いで生じる負担を太陽光発電によって軽減することができる点です。

太陽光発電は毎月の電気代を安くしてくれるだけでなく、売電によって収入を得ることができます。

設置条件によっては、この売電収入や電気代が安くなった分で太陽光ローンの支払いの大部分をまかなうことも可能でしょう。

太陽光ローンが多くの太陽光発電オーナーに選ばれる理由の一つです。

太陽光ローンのデメリットと注意点

太陽光ローンのデメリットと注意点

電気代削減に有効な太陽光発電の導入のための太陽光ローンですが、メリット・デメリット両方をしっかり押させておくことが重要です。

ここでは借り入れを決める前に気をつけたいデメリットを詳しく解説していきます。

長期間にわたる金利負担

太陽光ローンは返済期間が長期に及ぶことが多く、長期間にわたって借入金の返済責任が生じます。

太陽光発電システムの性能低下や故障などにより、想定した収益が得られない場合でも、ローンの返済は続きます。

また、ローンを利用すると、元本に加えて利息の支払いが発生するため、太陽光発電システムの総コストが上昇し、投資回収の期間が長くなる可能性もあると言えるのです。

太陽光設備の寿命とローンの期間

太陽光パネルは、30年以上使用可能です。

家電製品は可動部が多いため、10年程度で故障してしまうのが一般的ですが、太陽光パネルは可動する部分が少なく、多少の経年劣化はあるものの故障するトラブルが起こりにくいという特徴があります。

しかし、ソーラーパネルや関連設備は長期間の使用を前提としていますが、故障やトラブルが発生する可能性も否定できません。

ローンの期間も、10年から最長で35年までと長期間にわたって設けられており、長期間にわたる返済が可能なため月々の返済額を抑えることができるというメリットもありますが、ローン期間が長くなればなるほど設備の老朽化・故障の可能性が出てきます。

デメリットを避けるためのチェックポイント

これらのデメリットを避けるために、太陽光ローンを選ぶ際のポイントをご紹介します。

まずは、金融機関の信頼性、顧客サービスの質、アフターサポートなどの点で金融機関を比較することが大切です。

次に、金利と返済条件を確認することです。

金利はローンコストに直接影響するため、非常に重要なポイントです。

固定金利と変動金利の違いを理解し、自身の返済計画に合ったものを選択しましょう。

太陽光ローンの申込み手順

太陽光ローンの申込み手順

太陽光ローンを申し込む際には、手順や書類、審査基準などさまざまな疑問点が出てくるでしょう。

ここでは、必要書類と申込み手順・審査の基準などについてご紹介します。

必要書類と申込み手順

申し込みにあたって用意が必要な書類は多岐にわたりますので、漏れの無いよう確認が必要です。

これらは各ローン会社により異なる場合があるため、申し込みを行うローン会社へ確認しましょう。

また、基本的な申し込みプロセスとしては、郵送またはWEB・店舗がある場合は近くの店舗にて申込み後、申込み内容にもとづき審査が行われます。

審査通過後、ローン会社から契約書が送付されるため、契約書類を返送し、工事完了報告書を提出するという流れとなります。

しかし、一般的には太陽光ローンの申込は太陽光発電の販売店がサポートしてくれます。

そのため、申込者が行うことは申込用紙への記入のみとなるでしょう。

審査の基準と審査結果の影響

太陽光発電を太陽光ローンで導入する場合、金融機関にローン申し込みをして、審査を受けることになります。

審査基準は、金融会社によって異なり、太陽光ローン以外のローンについても、同じような項目が審査対象となります。

その中で太陽光ローンが他のローンと異なる点は、売電収入や節電収益があること、ローンを組む人がほとんど不動産を所有している人であること、大切な不動産を活用する仕組みであることなどから、審査自体は、他のローンに比べると通りやすいローンになっているのです。

太陽光ローンを組むうえで最低限の条件としては、日本国籍を有すること、銀行口座の所有あるいは開設できること、個人情報に異動情報がないことが挙げられるでしょう。

WEBと窓口、どちらが便利か?

ローンの申し込みにあたり窓口・WEBどちらで申し込みすると便利なのでしょうか?

WEBだと申込みに必要な項目を入力するだけで家にいながら仮審査をしてもらえるので、WEB申し込みの需要が高まっています。

しかし、お家に「WEB環境が整っていない」や「よく分からないので不安」という方は窓口で申し込む方が安心です。

太陽光ローンの金利情報

太陽光ローンの金利情報

昨今の電気代値上げで、太陽光発電を導入するにあたって太陽光ローンを利用したいけど、ローンについて実はよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは太陽光ローンの金利についてわかりやすくお伝えしますので、ローンの検討にご活用ください。

固定金利と変動金利の選択

一般的にローンには固定金利と変動金利の選択肢があり、返済期間も金融機関によって異なりますが、太陽光ローンの多くは固定金利での10年から最長20年の範囲で設定されています。

固定金利とは、ローン契約時に決定された金利が返済期間中変わらないタイプの金利です。

変動金利は、市場の金利の動きに応じて、定期的に金利が見直されるタイプです。

それぞれの長所と短所を見比べ、それぞれのご家庭に合った金利タイプを選んで無理のない返済をしましょう。

市場金利に基づく最新の金利動向

最近の金利動向は、全体的に見てみると、変動金利は前月と同じ、もしくは引き上げている金融機関もあります。

しかし、固定金利は引き下げている金融機関と引き上げている金融機関が混在しており、前月と据え置いている金融機関が多く見られる点にも注目です。

ローンの金利は海外の経済事情や金融情勢などの影響を受けて、上げ下げするもので、現在は固定金利が上昇傾向となっています。

金利がローンに与える影響

ローンの金利とは、借りている額に対して、支払う利息の割合のことを「金利」と言います。

毎月の利息額の元金に対する割合を月利、年間の利息額の元金に対する割合を年利といい、ローンで表示されている金利は年利です。

金利が上がると毎月支払う金額のうちの金利部分が多くなり支払いを続けても元金が減っていないという事態が起こります。

金利が上昇すると、月々のローン返済額やローンの総返済額が上がります。

特定の提携金融機関からの太陽光ローン情報

特定の提携金融機関からの太陽光ローン情報

太陽光発電を導入する人の7割前後が太陽光ローンを利用していると言われています。

利用する銀行や信用金庫によって金利も異なり、固定金利であるか変動金利であるのかという点も重要です。

ここでは、特定の提携金融機関からの太陽光ローン情報についてまとめましたのでぜひ参考にしてください。

楽天銀行、ジャックス、オリコの特色

提携ローンとは、金融機関と販売会社が提携して提供している太陽光ローンのことです。

太陽光発電をローンで購入するほとんどの方は提携ローンを利用しています。

代表的な信販会社としてオリコやジャックスなどが該当し、オリコは固定金利で15年ローン・借入限度額は1500万円、ジャックスは固定金利で15年ローン・借入限度額は1000万円です。

このような信販会社の金利は、提携している販売店によっても異なります。

また、楽天銀行は、最大1.9%からの低金利で1年ごとの自動更新の変動金利となっており、金利が安いローンとして注目されています。

参考:楽天銀行「楽天銀行スーパーローン商品概要

三菱東京UFJ銀行、滋賀銀行のサービス内容

三菱東京UFJ銀行は3大メガバンクの一つであり、リフォームローンを低金利で借り入れ可能としています。

また、滋賀銀行の住宅関連ローン(無担保)は、太陽光発電・蓄電池の導入資金としての借り入れに対し、金利の優遇があります。

ローンの申込みは滋賀銀行に口座がない方でもでき、契約までスマホひとつで完結するのも嬉しいポイントで、スマホからの契約は収入印紙代もかかりません。

参考:三菱UFJ銀行「ネットDEリフォームローン
参考:滋賀銀行「住宅関連ローン・無担保(ジャストサポート・目的型)

信用金庫やプロパーローンの選び方

金利と手間のバランスを考えると、信販会社による提携ローンを使うのが一般的ですが、金利の安さを追求するのであれば銀行のプロパーローンを利用する選択肢の一つです。

消費者が金融機関に直接申込をすることが必要なローンを「プロパーローン」と言います。

金融機関によって異なりますがプロパーローンは信販会社の提携ローンよりも低金利になることがあるため、まずは信販会社か銀行か、どちらのローンを選択するか両方のメリット・デメリットを知った上で、ご家庭の収支を踏まえて考慮するのが良いでしょう。

太陽光ローンのシミュレーションと計算方法

太陽光ローンのシミュレーションと計算方法

太陽光発電市場は急速に拡大していますが、導入にあたって最も気になるのが費用ではないでしょうか。

特に、「太陽光ローンは毎月いくら返済するの?」「何年で返済すればいいの?」という疑問は、多くの人が抱える共通の悩みです。

ここでは、月々の返済額の計算例やシミュレーションを活用するメリットについて解説していきます。

月々の返済額の計算例

実際に太陽光ローンを組む際の月々の返済額は、多くの要因によって異なってきます。

例えば、導入する太陽光パネルの種類や容量、初期費用、ローンの金利や期間などが影響するでしょう。

一般的に、100万円のローンを金利1%で10年間返済する場合、月々の返済額は約8,750円となります。

この計算はあくまで一例ですが、自分の予算や計画に合わせて適切な返済額を算出することが重要です。

シミュレーションを活用するメリット

太陽光発電の初期費用をフルローンもしくはローンで負担した場合、10年前後で返済する必要があります。

太陽光発電のシミュレーションツールやサービスを活用すると、設置予定場所の発電量から毎月の売電収入を確認することができ、売電収入から毎月の返済額を負担できるか判断することが可能です。

太陽光パネルの設置枚数から発電量を計算する方法や、出力から発電量をシミュレーションすることで、太陽光パネル1枚あたりの発電量をシミュレーションすることができます。

太陽光発電の補助金や優遇制度を活用する

太陽光発電の補助金や優遇制度を活用する

地球温暖化対策として、家庭にも太陽光発電設備を中心とした再生可能エネルギーの導入が推奨されるようになり20年ほどが経過しました。

太陽光発電を設置すると、光熱費の削減や大規模災害時の停電対策など、多くのメリットがあるということで注目されている太陽光発電ですが、導入にあたって多額の資金が必要になります。

その際、補助金を受けることができれば支出を抑えることができるので、ぜひ活用して効果的に太陽光発電を導入したいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、補助金や優遇制度の活用についてご紹介します。

自治体や国の補助金情報

太陽光発電が急激に普及した背景には太陽光発電に関する「補助金」制度の充実があります。

2024年現在は太陽光発電(単体)の設置費用が10年前と比較して半額以下になっていることもあり、国からの太陽光発電に対する補助金は終了しております。

しかし、都道府県や地方自治体が独自の補助金を交付しており、2024年度も活用できる補助金が実施される予定です。

補助金申請の手続きと必要書類

太陽光発電や蓄電池の補助金は、年度ごとに予算が組まれており、先着順で受付が終了します。

受付開始後すぐに申請が終了してしまうこともあるため、早めの申請がおすすめです。

そのため、必要書類をすぐに提出できるよう、受付開始前から準備をしておく必要があります。

申請書類自体は毎年変更があるわけではないため、前年の情報をもとに必要な書類をチェックしておくと良いでしょう。

また、太陽光発電の販売店に補助金の代行申請を依頼するのもおすすめです。

太陽光ローン(ソーラーローン)のメリットとデメリット まとめ

いかかがでしたでしょうか。

今回は太陽光発電の導入に活用できる太陽光ローン(ソーラーローン)について詳しく解説しました。

太陽光ローンはまとまった初期費用をかけずに、高額な設備である太陽光発電を導入できることが大きなメリットです。

その一方で、金利による支払い総額の上昇などデメリットも存在します。

太陽光発電を導入する際には、太陽光ローンのメリット・デメリットをしっかりと把握した上で、太陽光ローンを活用するのか、一括支払いにするのかを選択することが重要です。

以下に太陽光ローンのメリット・デメリットをまとめます。

エコ電気サービスでも太陽光ローンを取り扱いしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

太陽光発電・蓄電池の導入はエコ電気サービスにお任せ下さい

蓄電池・太陽光発電のお見積りはエコ電気サービス株式会社にお任せ下さい

エコ電気サービスでは、太陽光発電はもちろん、取り扱いのある蓄電池やV2Hシステムなど、全ての商品を適正価格でご案内することをお約束しています。

まだ太陽光発電のメーカーなどがお決まりでない場合、専任の担当者が一緒にメーカーを選定しますので、ご安心ください。

訪問販売が来てその場で契約してしまったなど、お急ぎの場合はお電話でのご相談が便利です。

スマートフォンをお使いであれば電話番号をタップしていただくだけで発信できます。

このページの下部より簡単にお問い合わせできます、お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

太陽光発電を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら

蓄電池・太陽光発電・V2H・エコキュート施工対応エリア

東北エリア
#宮城
#福島
中部エリア
#富山
#石川
#福井
#山梨
#長野
#岐阜
#静岡
#愛知
関東エリア
#東京
#千葉
#埼玉
#神奈川
#群馬
#茨城
関西エリア
#大阪
#兵庫
#京都
#滋賀
#奈良
#三重
#和歌山
中国エリア
#鳥取
#島根
#岡山
#広島
#山口
四国エリア
#徳島
#香川
#愛媛
#高知