エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

太陽光発電のメリット・デメリット一覧をチェック!

太陽光発電のメリット・デメリット一覧をチェック!

環境問題や電気料金の節約が注目されている現代において、太陽光発電の関心が高まっています。

太陽光発電をご自宅に導入することを検討している方の中で、どのようなメリット・デメリットが生じるのか分からない方も多いでしょう。

そこで今回は、太陽光発電のメリットとデメリット、特徴などについてご紹介します。

導入を検討されている方はぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

この記事のタップできる目次

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電には、メリットとデメリットのそれぞれの面があります。

設備を導入するのであれば、それぞれをしっかり把握した上で検討を進めることが大切です。

ここでは、太陽光発電のメリットとデメリットをそれぞれご紹介いたします。

太陽光発電のメリット一覧

太陽光発電のメリット一覧

太陽光発電のメリットとして、主に経済面・安全面・環境面の3つが挙げられます。

経済面とは、電気代の節約や売電による収入のことです。

発電した電気を自宅で使用できるため、平均して50,000円以上の節約になります。

また、余った電気は電力会社に買い取ってもらえるため、その分の収入を得ることが可能です。

そして、2つ目のメリットの安全面は、停電などのトラブルが生じても電気が使えるといったことです。

地震などの自然災害が多い日本では、緊急時でも電気が利用できることに大きな魅力を感じる方も多いでしょう。

最後のメリットである環境面とは、発電の際に二酸化炭素が発生しないため環境に優しいといったことです。

環境への配慮が注目されている近年において、環境に配慮した発電方法は時代に即したものだと言えるでしょう。

太陽光発電のデメリット一覧

太陽光発電のデメリット一覧

太陽光発電には、メリットだけでなくデメリットも少なからずあります。

例えば、太陽光発電の設備導入にコストがかかる点です。

経済産業省のデータによると、2022年時点での新築住宅における太陽光発電の設置費用は、1kWあたりおおよそ261,000円かかっているとされています。

また、発電量が天候に左右されがちな点もデメリットの1つです。

太陽光をエネルギーにしているため、日照時間の短い冬や、天気の崩れやすい梅雨の時期は発電量が下がる傾向にあります。

太陽光発電の環境への影響

太陽光発電の環境への影響

太陽光発電は、太陽の光を電気に変換する発電方法であるため、化石燃料を使用することがありません。

それにより、二酸化炭素や有害物質といった環境へ影響のある物質の排出量を削減することが可能になります。

一方で、ソーラーパネルを製造する場合、有害物質や重金属が使用されることがあります。

これらの物質により、廃棄やリサイクルの際に土壌・水質汚染が発生する可能性があるでしょう。

ただし、これらは施工業者が適切に対応すると防ぐことができるため、太陽光発電を導入する際は信頼できる業者に依頼しましょう。

太陽光発電の設置と導入に関するポイント

太陽光発電の設置と導入に関するポイント

太陽光発電の設置と導入を検討する場合、さまざまな方法があります。

いくつかある導入方法の中から、自身にマッチしたものを選択することが大切です。

これに加えて、設置場所の選び方や利用できる補助金についても事前に調べておくと役立つでしょう。

ここでは、太陽光発電の設置と導入に関するポイントについてご紹介いたします。

太陽光発電システムの導入方法

太陽光発電システムの導入方法

太陽光発電システムの導入方法は、大きく分けて自己所有・リース・PPAの3つの方法があります。

自己所有とは、自己資金や金融機関の融資で太陽光発電の設備を購入する方法です。

この方法は、初期投資が必要ですが売電収入はそのまま受け取れるといった特徴があります。

2つ目のリースは、事業者に対して毎月リース料を支払うことで太陽光発電システムを導入できる方法です。

この方法は、設置にかかる初期費用を事業者が負担してくれます。

さらに、余剰電力を売電して収入を得られるため、気軽に太陽光発電システムを導入できるでしょう。

ただし、設置条件が設けられていたり、月額固定のリース料金であったりするため、天候次第でうまく元が取れないといったことも起こり得ます。

3つ目のPPAも、リースと同様で初期費用をかけずに太陽光発電システムの導入ができる方法です。

ただし、費用はリース料ではなく、発電電力の中から使用した分の電気料金を事業者に支払い、さらに売電収入は事業者が受け取るといった違いがあります。

この方法は毎月金額が固定されているリースとは異なり、節電すれば支払いを抑えられます。

それぞれに明確な違いがあるため、自身の考えにマッチした方法を選択しましょう。

太陽光発電設置場所の選び方

太陽光発電設置場所の選び方

一般的なご家庭の場合、屋根に太陽光発電システムが設置されることが多いです。

太陽光発電システムはさまざまな屋根に設置できるものの、南側1面か東西2面に設置するなどのいくつかの条件があります。

また、屋根の角度は傾斜角度30度が最適で、屋根の強度が不十分の場合には補強工事が必要になることも考えられます。

太陽光発電システムの設備費用と補助金について

太陽光発電システムの設備費用と補助金について

太陽光発電システムの設置費用は、1kWあたりおおよそ261,000円とされています。

一般的な戸建て住宅では、3~5kWの容量の設備が設置されるため、導入費用としては約780,000円~1,310,000円が相場です。

ただし、この金額はあくまでも目安であり、太陽光発電システムのメーカーや住宅の条件次第で変動することも多々あります。

このように太陽光発電システムの設置には相応の費用が必要になりますが、自治体によっては補助金が設けられているところもあります。

補助金制度はお住まいのエリアごとに条件や補助内容が異なるため、事前にどのような制度が用意されているのか確認しておきましょう。

太陽光発電の停電時の対策とリスク

太陽光発電の停電時の対策とリスク

私たちの生活は電気によって支えられていると言っても過言ではありません。

そのため、自然災害やその他の予期せぬトラブルによって電気の供給が止まってしまうと、生活が成り立たなくなってしまうのです。

このような事態に備えて、太陽光発電を導入している方が数多くいらっしゃいます。

しかし、太陽光発電であっても停電時に電気が使用できなくなることがあります。

また、他にもさまざまなリスクやトラブルが付きまとうため、停電時の対策やリスクについて理解を深めておくことが大切です。

ここでは、太陽光発電の停電時の対策とリスクについてご紹介いたします。

太陽光発電システムの停電時の影響と対応策

太陽光発電システムの停電時の影響と対応策

太陽光発電システムを導入していれば、停電が起こっていても日中であれば電気を使用できます。

ただし、使用できる電気は1,500Wが上限となるため、計画的に使用しなければいけません。

万一に備えて、どの家電を使うのかを事前に決めておくと良いでしょう。

また、念のためご自宅内にある家電の消費電力を知っておくことも大切です。

太陽光発電でのリスク管理とトラブル解決法

太陽光発電でのリスク管理とトラブル解決法

天気が悪い日や夜間では十分な電気を確保できないため、太陽光発電システムを導入していても電気が使えないことも起こり得ます。

また、日中であっても停電時にはパワーコンディショナを自立運転モードに切り替えなければ太陽光発電の電気が使えません。

停電時には、分電盤にある「主電源ブレーカー」と「太陽光発電専用ブレーカー」をオフにして、パワーコンディショナを自立モードに切り替えることで、電気が使用できるようになります。

いつ停電になっても対応できるように、自立運転への切り替えの手順を確認しておくことで、万一の場合のリスク対策になるでしょう。

太陽光発電による停電リスク低減のポイント

太陽光発電による停電リスク低減のポイント

基本的に、天気が悪い日や夜間では太陽光発電システムの電気は使えません。

しかし、蓄電池があれば日中に発電した電気を貯められるため、天気が悪い日や夜間でも電気を使用できます。

家庭用の蓄電池は4kWから10kWの製品が販売されているため、ある程度の容量の蓄電池を導入することをおすすめします。

太陽光発電の経済性と費用対効果

太陽光発電の経済性と費用対効果

近年、エネルギー価格の高騰による電気代の上昇が大きな話題となっています。

それに伴い、電気代の節約に大きな関心が集まり、太陽光発電システムの導入を検討される方が急増しているのです。

その際に、太陽光発電システムの経済性や費用対効果が導入の可否の1つのポイントとなります。

ここでは、太陽光発電の経済性と費用対効果についてご紹介いたします。

太陽光発電の電気代削減効果と収入の見込み

太陽光発電の電気代削減効果と収入の見込み

2022年度の一般的な家庭の年間電気料金の平均は、おおよそ160,000円前後とされています。

この条件で太陽光発電を導入した場合、1ヶ月あたり10,700円、年間で128,400円お得になります。

これは、発電した電気を家庭内で消費できたり、売電で収入が得られたりすることが理由です。

2023年以降はさらに値上げしているため、この数値よりもさらに収益性が見込めるでしょう。

太陽光発電のメンテナンス費用と費用対効果

太陽光発電のメンテナンス費用と費用対効果

太陽光発電を自己所有している場合、4年に1回の頻度で定期的なメンテナンスを行うことが推奨されています。

例えば、一般的な家庭に導入されている太陽光発電は1回の点検に約20,000円ほどの費用が必要になります。

これに加えて、太陽光パネルの清掃費用として10,000円~20,000円、作業員の安全を確保するための足場代として数万円~100,000円ほどの費用が必要です。

これらを考慮して試算すると、1回のメンテナンスに約120,000円~140,000円ほどが発生すると言えるでしょう。

前述の通り、費用対効果については年間で128,400円ほどの節約効果があるため、電気代の節約には効果的です。

太陽光発電の補助金制度と費用節約のポイント

太陽光発電の補助金制度と費用節約のポイント

自治体ごとに用意されている補助金制度を利用することで、太陽光発電の導入における初期費用の負担を軽減できる可能性があります。

金額は各補助金制度によって異なりますが、数万円から数十万円の支給を受けられるケースもあるため、導入前は補助金制度をチェックしておきましょう。

太陽光発電の普及と将来性

太陽光発電の普及と将来性

太陽光発電の導入する際は、現在の動向や将来性を知りたいという方も多くいらっしゃると思います。

それらを把握しておくことで、太陽光発電の導入について的確に判断できるようになります。

ここでは、太陽光発電の普及と将来性をご紹介いたします。

太陽光発電の普及率と可能性

太陽光発電の普及と可能性

2021年時点のデータでは、日本における太陽光発電の普及率は6.3%となっています。

現在はさらに上昇していることが見込めるものの、割合として多いとは言えません。

しかし、東京都では2025年4月以降に延べ床面積2,000㎡未満の新築建物に太陽光パネルの設置が義務化されるようになります。

他にも、国が主導して太陽光発電の普及を推進している状況であるため、今後は普及率が上昇することが予想されます。

太陽光発電の今後の動向と注目点

太陽光発電におけるメリットの1つである売電ですが、実は2016年から年々売電価格が下がっている状況になっています。

また、2020年には売電価格が買電価格を下回ったため、売るよりも電気を買った方がお得になりました。

そのため、現在では売電で収益を得ようとするよりも、発電した電気を自家消費して節約しようとする動きが主流になっています。

太陽光発電が有する再生可能エネルギーとしての役割

太陽光発電のエネルギー源は太陽光であるため、基本的に枯渇することはありません。

また、電気を生成する際に二酸化炭素などの大気汚染物質を発生させないため、クリーンな再生可能エネルギーとしても注目を集めています。

太陽光発電は、地球温暖化や地球環境の悪化が問題視されている現代において、時代に即したものと言えるでしょう。

太陽光発電と太陽光パネルの関連性

太陽光発電と太陽光パネルの関連性

太陽光発電には、太陽光パネルの存在が必要不可欠です。

両者の関係性を知ることで、より太陽光発電について理解を深めることができます。

ここでは、太陽光発電と太陽光パネルの関連性についてご紹介いたします。

太陽光発電と太陽光パネルの違いとつながり

太陽光パネルとは、太陽光発電システムにおいて電気を生み出す役割を担っているパネル状の設備です。

太陽光パネルには半導体が組み込まれており、集熱器で集められた太陽光が当たることで電気が発生する仕組みになっています。

太陽光発電における太陽光パネルの重要性

太陽光発電では、太陽光パネルに光が集まらなければ電気が発生しません。

そのため、仮に太陽光パネルの設置場所・設置方法にミスがあった場合、どれほど高性能な設備であっても十分な電気を確保することができません。

また、太陽光パネルが故障していると、光が当たっていても電気は発生しないのです。

太陽光発電には太陽光パネルが必要不可欠であるため、設置する際は太陽光が適切に当たっているかを確認することに加えて、故障を避けるために定期的なメンテナンスを行う必要があります。

太陽光発電での太陽光パネル設置のポイント

太陽光パネルの設置に適した場所の条件として、日光を遮るものがない場所が挙げられます。

仮に周囲に建物がある場所や木に囲まれた場所である場合、日陰によって太陽光パネルに光が当たらないことがあるため、注意が必要です。

他には、30度前後の傾斜がある場所などが挙げられるでしょう。

ある程度の傾斜があれば光が当たりやすいため、効率的に発電することができます。

太陽光発電のメンテナンスと寿命に関する考察

太陽光発電のメンテナンスと寿命に関する考察

太陽光発電の寿命を延ばし、長く安全に使用するためにはメンテナンスを行う必要があります。

しかし、太陽光発電においては導入後に年月が経過すると、ついついメンテナンスを怠ってしまうというケースが多いです。

ここでは、太陽光発電のメンテナンスと寿命についてご紹介いたします。

太陽光発電システムの定期点検と保証について

太陽光発電システムは、4年に1度の頻度で定期点検を行うことが推奨されています。

定期点検を行うことで、太陽光パネルやパワーコンディショナをはじめとした各箇所の測定を行い、異常がないかを調べることができます。

定期点検は、長期間にわたって太陽光発電を運用するために欠かせないものです。

また、太陽光発電は導入後すぐに故障するというケースもあるため、保証制度を活用することをおすすめします。

一般的には最低10年間のメーカー保証が付いており、追加料金の支払いなどの諸条件を満たすことで期間を延長できます。

この期間で故障が発生した場合、無償での修理を依頼することが可能です。

他にも、設置工事中における万一を想定した工事保証や、自然災害補償がある保証制度など、さまざまな種類があります。

これらの保証を利用することで、太陽光発電を新しく導入する際のリスクを大幅に軽減できるでしょう。

太陽光発電システムの寿命とメンテナンス方法

太陽光発電システムの法定耐用年数は、17年と定められています。

しかし、近年は設備の耐久性が向上しているため、17年を超えても問題なく使用できるケースが多いです。

また、太陽光パネルは可動部分がないため、20年から30年は使用できるとされています。

一方で、発電した電気を家庭用の電力に変換する役割を担っているパワーコンディショナは可動部分が多いため、10年から15年が寿命とされています。

太陽光発電システムをより長く使用するためには、日々のメンテナンスが欠かせません。

メンテナンスは各箇所の破損の有無や緩み、腐食のチェック、電気の測定、汚れの除去といったことが行われます。

屋根の上に太陽光発電が設置されている場合、自身でメンテナンスを行うことは大変危険です。

そのため、必ず専門業者に定期的なメンテナンスを依頼しましょう。

太陽光発電のトラブル対処法とメンテナンスの重要性

屋根の上に設置されている太陽光発電は、鳥の糞や枯れ葉などの汚れが付着することがあります。

他にも、強風による飛来物が接触して、太陽光パネルが破損することもあります。

このようなトラブルが生じた場合、上手く発電を行えないという状況になるでしょう。

太陽光発電における各種トラブルは、定期的なメンテナンスを行うことで被害を最小限に抑えることが可能です。

仮にトラブルの発見が遅れた場合、太陽光発電の修理費用も高くなる可能性があるため、小まめにメンテナンスを行い、都度状況を確認するようにしましょう。

太陽光発電と電力会社、電気料金に関する情報

太陽光発電と電力会社、電気料金に関する情報

電気料金の削減や売電による収入増加が見込める太陽光発電ですが、電力会社と深い関係があります。

太陽光発電の導入を検討する際は、電力会社との関係性や電気料金が削減されるメカニズムについて理解を深めておくことが大切です。

太陽光発電と電力会社との関係性と契約について

太陽光発電と電力会社、電気料金に関する情報

太陽光発電で生成した余剰電力は、電力会社に売電することが可能です。

近年では新電力と呼ばれる新規参入した事業者がさまざまなプランを用意しており、より高い金額で余剰電力を買い取っているケースもあります。

ただし、売電を行うには電力会社と契約を結ぶ必要があります。

また、契約する際は数多くの手続きを進めなければならない点などを事前に把握しておきましょう。

具体的には、事業計画認定申請や系統連系申請などを行い、それらが問題なければ電力会社と契約を結ぶことができます。

これらの手続きには専門知識が必要になるため、申請をサポートしている専門業者に相談することをおすすめします。

太陽光発電と電気料金の関連性と影響

太陽光発電と電気料金の関連性と影響

従来は電力会社から電気を購入する代わりに、毎月電気代を支払っていました。

しかし、太陽光発電を導入することにより太陽光で生成した電力をそのまま建物内で使用できるため、電気の自給自足が成立するのです。

つまり、電力会社から電気を購入しなくても電力が賄えるため、電気料金の節約に繋がるのです。

今後はさらに電気料金が値上げすることも想定されるため、多くの方が太陽光発電を導入することで、電力会社への依存度が下がることも予想されます。

あわせて読みたい

電気平均使用量のポイントと電気代節約のコツについてはこちらの記事でご紹介しています

太陽光発電がもたらす電気料金の削減効果とメリット

太陽光発電がもたらす電気料金の削減効果とメリット

前提として、私たちが電力会社に支払っている電気料金は、基本料金+(電気料金単価×使用量)+再生可能エネルギー発電促進賦課金・燃料費調整額で算出されています。

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは、電力会社が再生可能エネルギーで作られた電気を買い取る費用のことを指します。

一方で、燃料費調整額とは、電力会社が原油や天然ガスといった火力発電などで使用する燃料を調達するための費用です。

これらの再生可能エネルギー発電促進賦課金や燃料費調整額は、現在の情勢や市場価格に準じて金額が決まります。

そのため、近年は世界情勢の乱れにより再生可能エネルギー発電促進賦課金や燃料費調整額が高騰したことで、電気料金が値上がっているのです。

しかし、太陽光発電で生成した電気は再生可能エネルギー発電促進賦課金や燃料費調整額の影響を受けないため、電気料金を大幅に削減することができます。

太陽光発電のメリット・デメリットまとめ

今回は太陽光発電のメリット・デメリット一覧をこちらの記事でご紹介させていただきました。

それぞれのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

太陽光発電のメリット

太陽光発電のデメリット

エコ電気サービス株式会社では、お客様のご自宅の屋根の環境をお伺いし、最適な太陽光パネルの枚数、おすすめのメーカー、最適な蓄電池メーカー・容量などを無料でご提案させていただいております。

ご不明な点やお見積りなどございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

太陽光発電を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら

蓄電池・太陽光発電・V2H・エコキュート施工対応エリア

東北エリア
#宮城
#福島
中部エリア
#富山
#石川
#福井
#山梨
#長野
#岐阜
#静岡
#愛知
関東エリア
#東京
#千葉
#埼玉
#神奈川
#群馬
#茨城
関西エリア
#大阪
#兵庫
#京都
#滋賀
#奈良
#三重
#和歌山
中国エリア
#鳥取
#島根
#岡山
#広島
#山口
四国エリア
#徳島
#香川
#愛媛
#高知