エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

太陽光発電システムの年間発電量と1ヶ月の発電量を徹底解説!

太陽光発電システムの年間発電量と1ヶ月の発電量を徹底解説!

これから太陽光発電の導入を考えているなら、太陽光パネルの発電量は一番気になるポイントではないでしょうか。

ソーラーパネルの発電量を知る事で自宅の電気を太陽光発電でどれくらいまかなう事が出来るのかを事前に知る事が出来ます。

こちらの記事では太陽光発電導入後の

についてどこよりもわかりやすく解説いたします。太陽光発電の導入をご検討中の方はぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

それではさっそく太陽光発電の発電量について解説致します。

家庭の平均電力消費量は年間4,322kWh(環境省調べ)

環境省「平成29年度 家庭部門のCO2排出実態統計調査(確報値)」地方別世帯当たり年間電気消費量(固有単位)

環境省の地方別世帯当たり年間電気消費量によると全国の世帯の平均電気消費量は4,322kWhとの調査結果となっています。

上記の表を見ていただければわかる通り、北陸地方では年間電気使用量が6,333kWh関東甲信地方では3,833kWhと地域によって大きな開きがあります。

太陽光発電システムを導入する前に現在お住まいのご自宅の電気消費量を把握する事が重要になります。

毎月の電気使用量は電気使用明細書・請求書などに記載がありますので確認してみて下さい。

1kWの太陽光パネルで発電出来る電力は年間1000kWh

太陽光パネル1kWhあたりの年間発電量

平均的に1kWの太陽光パネルで発電出来る年間発電量は約1000kWh。全国の各家庭の年間の平均電気消費量は4,322kWhと発表されています。(環境省調べ)

このデータをみていただくと分かる通り太陽光発電を導入される方の多くがご自宅の電気消費量をまかなえるように5kW〜6kWh程のパネルの導入をされている事がほとんどです。

毎月の電気の使用量から必要なパネルの枚数を把握する事が出来ます。

5kWhの太陽光パネルの月間発電量・1日の発電量は?

1kWhの太陽光パネルから発電出来る電力は年間1,000kWhです。5kWhのパネルの発電量は年間5,000kWhですのでここから12ヶ月で割ると月間発電量を算出する事が出来ます。

5,000kWh ÷ 12ヶ月 = 416kWh/月

5kWhの太陽光パネルでは平均して月間416kWhの電力を作る事が出来ます。1日あたり約14kWhの電力を発電する事が可能です。

時間帯別の太陽光パネルの発電量

太陽光発電は日が照っている時にも最も多くの電力を作る事が出来ます。以下は例として2020年11月愛知県名古屋市の時間帯別の発電量です。

ご覧いただくと分かる通り12〜13時をピークに日が照っている時、一番多くの電気を発電しています。

太陽光発電 時間帯別発電シミュレーション

太陽光パネル導入に必要な屋根の面積は?

太陽光パネル導入に必要な屋根の面積は?

一般的な家庭の年間電気消費量は4,322kWhであることを前述させていただきました。この消費量から必要な屋根の面積を5kWhで計算していきます。

5kWhの太陽光パネルをカナディアンソーラーのパネル(CS3L-375MS)公称最大出力375Wでシミュレーションすると必要なパネルの枚数は

5000W(5kWh) ÷ 375W = 13.333枚

となり13枚〜14枚程度のパネルが必要です。カナディアンソーラー社CS3L-375MSの1枚のパネルの面積は1.83㎡ですので

13枚×1.83 = 約23㎡

の屋根面積が必要となります。

太陽光発電のメーカーごとにサイズ感が異なる為、エコ電気サービス株式会社ではお客様のお住まいの屋根の形状・屋根の方角を事前調査いたします。設置した太陽光発電がしっかりと発電を行い効率的に稼働出来るように最適な太陽光の枚数、メーカーなどを無料でご提案させていただいております。

全国地域別の太陽光発電 発電量 シミュレーション

太陽光パネルは太陽の光エネルギーを変換して電力を作るためお住まいの地域の気候によって年間の発電量が若干異なります。

このパートではカナディアンソーラー社が公表している全国の年間予測発電量(kWh)をご紹介いたします。

(1※このデータの条件はカナディアンソーラー社CS3L-375MS(16枚)6kWhシステム、パワーコンディショナCSP44GF使用時です。)

カナディアンソーラー社公表全国の年間予測発電量(kWh) 6kWのパネル使用時

全国各地の発電量を確認していくと、長野県松本市で8,351kWh、新潟県で6,599kWhと発電量に若干開きはありますが、太陽光パネルを導入すればたっぷり発電して自宅の電力をまかなうことが出来ます。

太陽光発電の発電量を上げる為には屋根の形状・屋根の方角などの事前調査が重要です

太陽光発電の発電量を上げる為には屋根の形状・屋根の方角などの事前調査が重要です

太陽光発電の導入費用は安くはない為、せっかく導入するなら公称最大出力が高く限られたスペースでたっぷりの電力を作りたいですよね。ご自宅の屋根の形に適した太陽光パネルと公称最大出力の高いパネルの導入を行う事でたくさんの電力を効率的に作ることが出来ます。

太陽光発電に最適な屋根の形と方角について以下のページで詳しく解説していますので確認してみて下さい。

太陽光発電に加えて後から蓄電池を設置するとさらに電気代がお得になります

太陽光発電に加えて後から蓄電池を設置すればさらに電気代がお得に

太陽光発電システムを設置しているなら、蓄電池を導入すると電気代をさらにお得にする事が出来ます。日中に太陽光発電で作った電力を蓄電池に蓄えて夜間に使う事が出来ます。

電力会社から電気を買う量が減るので電気代を大きく節約する事が可能です。

また、電気代の安い深夜帯の電気を蓄電池に貯めて、昼間に太陽光発電で作った電力は売電する事で収入を得る事も出来ます。蓄電池と太陽光発電をセットで導入する事で月々の電気代を抑えることが出来るので生活がさらに豊かになります。

太陽光発電システム発電量まとめ

今回は、太陽光発電システムの年間発電量・月間発電量・1日の発電量を詳しく解説させていただきました。

太陽光発電システムの導入には、お客様のお住まいの屋根を事前に調査する事が重要です。エコ電気サービス株式会社では屋根形状・方角の調査、最適なパネルメーカー、最適なパネル枚数などを無料でご提案させていただいております。

お困りの点ご不明な点がありましたらお気軽に以下のご相談・お見積りフォームよりお問い合わせ下さいませ。

太陽光発電を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら