エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

V2Hを太陽光発電なしで設置するメリット・デメリットをエコ電気サービスが分かりやすく解説

V2Hを太陽光発電なしで設置するメリット・デメリットをエコ電気サービスが分かりやすく解説

EV/PHEV(電気自動車・プラグインハイブリッド車)の普及が進むにつれ、V2H(EV用パワーコンディショナ)の導入を検討するご家庭も増えてきました。

その中で「太陽光発電なしでもV2Hを設置できるのか、メリットやデメリットはあるか」、このような質問も多く寄せられています。

確かに全ての住宅に太陽光発電が設置されているわけではないので、気になりますよね。

そこで、今回は太陽光発電なしで自宅にV2Hを設置した際のメリット・デメリットについて分かりやすく解説していきます。

V2H(EV用パワーコンディショナ)とは

V2Hとは

V2H(EV用パワーコンディショナ)とは自宅でEV/PHEVに電気を充電するだけでなく、EV/PHEVから自宅に電気を供給できるようにする画期的なシステムです。

従来まではEV/PHEVへ充電した電気は自宅には直接供給できず、車内のアウトレット(コンセント)から延長ケーブルを引っ張るなど限定的な使用に留まっていました。

また、その場合もケーブルを通すために車両の窓などを開けておく必要があり、雨・虫の侵入や盗難の可能性など安心・安全とは言い難い状況でした。

V2Hを導入することで、災害時だけでなく日常生活の中でもEV/PHEVの電気を安心・安全に活用できるようになり、これまで以上に経済的で環境負荷の少ない生活を期待できます。

V2Hは太陽光発電なしでも問題なく設置できる

V2HはEV/PHEVと自宅を繋ぐシステムなので、太陽光発電の設置有無は関係ありません。

なので、太陽光発電なしでもV2Hは問題なく設置可能です

しかし、電力会社から購入した電気よりも、太陽光発電で自家発電した電気を使用する方が経済的かつ環境負荷も少ないので、ほとんどのV2Hに太陽光発電と連系する機能が搭載されています。

V2Hを太陽光発電なしで設置するメリットは少ない

V2Hを太陽光発電なしで設置するメリットは少ない

V2Hは太陽光発電なしでも設置可能ですが、あえてそうするメリットは多くありません。

太陽光発電に抵抗がなく、予算や設置スペースにも問題がないのであればV2Hと併せて設置するのがおすすめです。

V2Hだけなので設置費用の総額が安い

あえて太陽光発電なしでV2Hを設置するメリットは設置費用の総額が安くなることです。

補助金などを活用することで出費を大幅に抑えることもできます。

後述するデメリットの方が多いので、やはり太陽光発電も併設するのがおすすめです。

V2Hの補助金情報はこちらをチェック!

V2Hを太陽光発電なしで設置するデメリット

V2Hを太陽光発電なしで設置するデメリット

V2Hは太陽光発電なしでも設置が可能ですが、デメリットがいくつかあります。

EV/PHEVの持つ経済性や環境性能を半減させてしまう可能性もあるので、可能であればV2Hと太陽光発電は一緒に設置して使用するのが望ましいでしょう。

太陽光発電なしだとEV/PHEVを充電する度に電気代が必要

V2Hがあっても太陽光発電がなければEV/PHEVの充電をする度に電気代が必要になります。

EV/PHEVを充電するのは電気代の単価が安い深夜にする人がほとんどだと思いますが、太陽光発電があればお昼間に発電した電気を充電できます。

例えば、毎日25kWhの充電を関西電力のはぴeタイムRのナイトタイム料金でEV/PHEVにした場合を確認してみます。

25kWh x 15.2円 x 30日 = 11,400円
一ヶ月で10,000円以上も電気代が増えてしまいます。

では、同様の充電を太陽光発電から行った場合はどうでしょう。

25kWh x 0円 x 30日 = 0円
自家発電した電気には料金はかからないのでEV/PHEVへの充電を0円ですることができました。

上記はあくまで毎日晴れで昼間にEV/PHEVを使用していないことが前提です。

ですが、太陽光発電とV2Hを併設しておけば条件さえ良い時には非常に安価でEV/PHEVへの充電を行えることが分かります。

参考:関西電力「はぴeタイムR 料金単価表」

停電時に自宅でEV/PHEVの充電ができない

太陽光発電がない場合、自宅が停電するとEV/PHEVへ充電ができなくなります。

短時間の停電であれば問題ないかもしれませんが、災害などに起因する長時間・広範囲の停電の場合は困ってしまいますよね。

このような場合に備えて、V2Hと一緒に太陽光発電も設置することをおすすめします。

V2Hと太陽光発電の両方があれば、停電時にもEV/PHEVに充電することが可能です。

電力会社からの電気を多く使用するので環境負荷が高い

電力会社からの電気を多く使用するので環境負荷が高い

EV/PHEVの充電に太陽光発電を使用しない場合、必然的に電力会社から電気を購入して充電することになります。

電力会社の発電量はあらかじめ予測した需要電力量に基づいてあらかじめ計画されています。

EV/PHEVへの移行が進んだ時に、多くのご家庭がV2Hと太陽光発電を設置していないと発電計画を大幅に上方修正しなければいけません。

例えば、100万世帯が上記で計算したようにEV/PHEVへ毎日25kWhの充電を行った場合に追加で必要な電力量は下記のようになります。

25kwh x 30日 x 1,000,000世帯 = 750,000,000kwh
追加で必要な電力量が億単位になってしまいました。

太陽光発電なしでV2Hを設置すると、カーボン・ニュートラルを目指して普及を進めているEV/PHEVの充電の為に膨大な量の電力が必要です。

早い段階からV2Hと太陽光発電を一緒に活用することが、将来的に必要になる電力を削減することに繋がります。

V2Hを太陽光発電なしで設置するメリット・デメリット まとめ

今回はV2Hを太陽光発電なしで設置するメリット・デメリットについて解説しました。

V2Hは世界的に普及が進んでいるEV/PHEVをより便利に活用できるシステムです。

太陽光発電なしでも設置は可能ですが、V2Hのメリットを最大限引き出すためには太陽光発電と連系することが必要不可欠と言えるでしょう。

以下、今回のまとめ

また、ニチコンが提供している「トライブリッドシステム」はV2H・太陽光発電・蓄電池をまとめて導入できるコストパフォーマンスに優れたシステムです。

いずれのシステムもエコ電気サービスにて取り扱いしているので導入を検討している方はお気軽にご相談ください。