蓄電池駆け込み寺 蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

太陽光発電 × エコキュート × IHの組み合わせで自家消費とエコライフを実現出来ます

太陽光発電 × エコキュート × IHの組み合わせで毎月の電気代を大きく節約出来ます

太陽光発電システムとエコキュート・IHなどを組み合わせて導入すると毎月かかる電気代を大きく削減出来るのをご存知ですか?

エコキュートやIH を導入する事でガスが不要になり、ご自宅をオール電化になります。オール電化のご家庭には各電力会社が夜間の電気料金の安いプランを用意している為、その結果として電気料金の節約につながるでしょう。

電気代の高い昼間は、太陽光発電システムで作った電力を使いまかなって、電気代の安くなる夜間にはエコキュートでお湯を沸かしたり料理をする事が出来るようになります。

電気代とガスを日常的に使っている家庭に比べるとオール電化の住宅は電気を効率的に使う事が出来るので光熱費・電気代の節約に繋がるのです。

こちらの記事では、太陽光発電/エコキュート/IHを組み合わせる事でお客様が得られるメリットをわかりやすくご紹介していきますのでぜひ参考にしてみて下さい。

太陽光発電システムの仕組み

太陽光発電システムの仕組み

それでははじめに太陽光発電の仕組みをご紹介します。

太陽光発電システムは、屋根に設置したパネルに太陽の光が当たる事で電気を発電するシステムです。

太陽光パネルを通して発電した電気は直流電力なのでそのままでは自宅で使用する事が出来ません。直流電力はご自宅に設置したパワーコンディショナーによって交流電力に変換する事で自宅で使える電力になります。

太陽光発電のシステムを導入する事で、昼間は太陽光パネルから一定の電力を作り出す事が出来ます。

太陽の当たらない夜間は、発電することが出来ませんので電力会社から買電する形で電力を一日中供給可能です。

エコキュートでお湯を沸かす事が出来る仕組み

エコキュートでお湯を沸かす事が出来る仕組み

エコキュートはお湯を沸かす際は大気熱と電気を併用します。

エコキュートは電気のみで給湯する場合と比べて使用するエネルギーが少なくなる為とても経済的です。光熱費を安くすることが可能。

電気のみで沸かす場合と比べると電気代を1/3に抑える事が出来ます。

お風呂・洗面所・キッチンでは毎日お湯を使いますが、毎月かかる電気代の内訳の中で 約3割が給湯です。この給湯にかかるエネルギーを1/3にする事が出来れば、毎月の電気代の削減につながるのです。

IHクッキングヒーターの仕組み

IHクッキングヒーターの仕組み

IHは(Induction heating)の略で、和訳すると電磁誘導加熱という意味になります。「電磁誘導」とは、金属の近くで磁石を動かす事で電気が発生する仕組みです。

IHのプレートの下には、細い導線を編んで作られた渦巻状の磁気発生コイルが敷いてあり、このコイルに電気を流すことでここから強力な磁場が発生。発生した磁場がIHのガラスプレートを通り越して、置かれている鍋の底などに当たります。

この磁場によって、鍋の底には渦電流という電気の流れが発生。この過電流を鍋の底がとらえて発熱するという仕組みになっているのです。

ガスコンロでお湯を沸かす際は平均7分かかるのですが、IHの場合は3〜4分と効率良くスピーディーにお湯をわかす事が出来ます。またガスコンロと比べて表面の突出した部分がなく平らな設計の為、掃除がしやすいのでキッチンを常にキレイに保つ事が出来るのはIHならではのメリットです。

太陽光発電と蓄電池、エコキュートは相性が良い!電気代が安くなる

それではここからは、太陽光発電システムと蓄電池・エコキュートを導入する事でどれくらい電気代が安くなるのかをシミュレーションします。導入の際にぜひ参考にして下さい。

太陽光発電システムと蓄電池の導入による電気代シミュレーション

弊社で太陽光発電と蓄電池を導入いただいたお客様の明細書

上記の写真は弊社で太陽光発電と蓄電池を導入されたお客様の月間の電気使用明細書になります。

「太陽光発電と蓄電池を導入された事でこれまで毎月17,000円〜20,000円かかっていた電気代が平均して9,000円程安くなった」と嬉しいご報告をいただいております。

お客様のご自宅に設置している太陽光発電システムは6kwh蓄電池はニチコンの11.1kwhです。この事例から太陽光発電と蓄電池を組み合わせる事で自宅で発電し、かしこく貯めて、余剰電力を売電する事で毎月の電気代を大きく削減出来ます。

エコキュート導入による電気代シミュレーション

私たちが毎日お湯を沸かしたりシャワーなどに入る時に使う給湯用のエネルギーは各家庭の総使用電力の中の約3割(28.4%)です。

世帯当たりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費の推移
出典 「世帯当たりのエネルギー消費原単位と用途別エネルギー消費の推移」

総使用電力の内の3割が給湯として使われているので、ここの電気代を節約する事が出来れば年間で計算すると大きな節約につながります。

エコキュートは大気熱を利用してお湯を沸かすので電気消費量が電気だけで沸かす場合と比べて約1/3ととても経済的です。

それでは給湯にかかる電気代が1/3になった場合のシミュレーションを確認していきましょう。

一ヶ月の電気代が15,000円の場合

一ヶ月の電気代15,000円の場合、給湯に使われている電気代は3割の約4,500円です。

エコキュートを導入する事によって、給湯に必要な電気代が1/3に削減できますので一ヶ月の電気代は12,000円に。月の電気代が約3,000円安くなる事になります。年間36,000円の電気代削減。10年で36万円もの電気代を削減可能です。

一ヶ月の電気代が20,000円の場合

一ヶ月の電気代20,000円の内、給湯に使われている電気代は3割の6,000円です。

エコキュートを導入する事によって、給湯に必要な電気代が1/3に削減できますので一ヶ月の電気代は16,000円に。月の電気代が約4,000円安くなる事になります。年間40,000円の電気代削減。10年で40万円もの電気代を削減可能です。

この事を考えるとエコキュート導入にかかった初期費用も数年で元をとれます。

太陽光発電とエコキュートを併用する事で得られるメリット・デメリット

太陽光発電とエコキュートを併用する事で得られるメリット・デメリット

それではここからは太陽光発電とエコキュートを導入する事で得られるメリットをご紹介します。

太陽光発電とエコキュート併用のメリット

太陽光とエコキュートを導入する事で得られる最大のメリットは電気代が削減出来るという事です。昼間は太陽光で発電した電力で必要な電気をまかない、電気代の安い夜間に電力会社から買電して効率的にお風呂を沸かす事が出来ます。

その結果、太陽光・エコキュートをつける前に比べて毎月の電気代の削減につながるのです。

太陽光発電・エコキュートに加えて蓄電池を導入する事で、昼間に作った電力を蓄電池に貯めて夜間に使う事が出来るので毎月の電気代をさらにお安くする事が可能です。

太陽光発電とエコキュート併用のデメリット

太陽光発電・蓄電池は一番安いものでも100万円〜 エコキュートは30万円〜の初期費用がかかります。

初期導入費用は決して安くはありませんので導入の際は、費用対効果をしっかりと把握しておく事が大切。エコキュート・太陽光発電共に7〜8年で初期費用は回収出来るようになっています。

太陽光発電とエコキュートの寿命と耐用年数

太陽光発電とエコキュートの寿命と耐用年数

最後に太陽光発電とエコキュートの耐用年数について解説します。そろそろ我が家にも太陽光発電を導入しようと思っていても、一番気になるのは耐用年数ですよね。

太陽光発電・エコキュートの耐用年数は以下の通りです。

太陽光パネルの寿命は予想以上に長く、一度導入すれば長期間発電し続けてくれます。メーカーによっては40年以上の耐久性を持ち合わせている商品もあり導入すれば実質一生モノとなります。

効率的に給湯出来るエコキュートは10〜15年間の期間使用する事が可能です。

直流電流を自宅で使える交流電流に変換してくれるパワーコンディショナーは10〜15年です。

少ないエネルギーで効率的にお湯を沸かせるエコキュートは、10〜15年の寿命ですが給湯にかかる電気エネルギーが1/3になるなどとても経済的ですので費用対効果はとても大きい商品です。

すべてがいつか消耗してしまうものではありますが、定期メンテナンスを行っていれば長い期間、自宅で電力を作り自宅で使い続ける事が出来るようになります。(自家消費)

まとめ

今回は太陽光発電と相性の良い蓄電池とエコキュート・ IHについてご紹介させていただきました。太陽光発電とエコキュート・IHなどを導入し、オール電化にする事で毎月の電気代を大きく削減する事が出来ます。

太陽光発電を設置後10年間はFIT(固定価格買取制度)により余剰電力を電力会社に固定価格で売電する事も可能なので電気代を今よりもお安くする事が可能です。

エコ電気サービスでは、太陽光発電システム・蓄電池・エコキュート・IHすべてお取り扱いしております。導入に伴う電気代のシミュレーションも無料で行っていますので、これから導入を検討されている方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お客様のご自宅にあった太陽光パネルのメーカーと容量、蓄電池、エコキュート・IHなどをご提案させていただきます。

k家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら