蓄電池駆け込み寺

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

電気自動車の大容量バッテリーを家庭とつないで「蓄電池」として利用できる、未来のエネルギーの使い方とも言えるV2H。こちらの記事では、V2Hをいち早く市場に導入したリーディングカンパニー・ニチコンがお届けする「EVパワー・ステーション」についてご紹介します。

POINTよりパワーアップした「プレミアムPlusモデル」が追加されています。

V2H 3つのメリット

V2H 3つのメリット

はじめに、V2Hのメリットをおさらいしていきましょう。

太陽光発電で余った電気をEVに充電できる

太陽光発電で余った電気をEVに充電できる

V2Hを導入することで、電力会社から電気を買わずにEVを充電することができます。クリーンな自然エネルギーでEVを走らせることで、環境に優しいカーライフを実現できます。

例えばカーポートに発電設備を設置している場合、直接EVに給電することでカーポートそのものを充電スタンドにもできてしまいます。

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

EVを蓄電池として使うことで電気の節約ができる

V2Hとは?

電気自動車が内蔵する非常に大きな蓄電容量を家庭とEV間で自由に往復させ、家庭内の電気を賄ったり、非常用電源として有効活用しようというのが”V2H”の考え方。

発電設備の設置から10年が経ち売電単価が下がっている方は、太陽光発電の電気を売電するよりも自宅で使ったほうが経済的です。EV(≒大容量の蓄電池)に太陽光の電気を貯めて、たっぷり自宅で使うことができます。それはもう使い切れないほど!

“太陽光とEVとV2H”を組み合わせることで、 基本料金と諸経費を除く家庭のすべての電力を賄う(=電気を自給自足する)未来的な生活が現実になります。

停電時はEVを大型全負荷型蓄電池のように使える

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

上記は東京電力管内の一般的なご家庭における冬の電気使用量の一例です。1ヶ月の電気代が約8,000円の場合、電気の使用量は261kWhです。1日の平均電気使用量は261kWh÷31日=「約8.4kWh」と計算できます。 前述したように電気自動車のバッテリー容量は30kWh~60kWh以上。例えば日産リーフ40kWhモデルの場合、3~4日程度の電気をEV1台で賄うことができるのです。

また、停電時も太陽光発電と連系できるため、お家まるごとバックアップの全負荷型蓄電池のように使うことができます。 (※プレミアムモデルのみの機能) 台風・落雷・地震などの自然災害による停電の備えとしても非常に有効です。

ニチコン EVパワー・ステーションの多彩な性能

ニチコンパワーステーション

利用目的に合わせた4つのモード

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

EVパワー・ステーションには、4つのモードが備わっています。太陽光発電設備を所有しているユーザーの皆さまは特に下記の2つのモードがおすすめです。

さらに、タイマー設定機能も搭載。事前に設定しておくことで、ライフスタイルに合わせて毎日決まった時間に充放電動作をさせることができます。2パターンまで設定が可能です。また、タイマーの設定可能時間は、EVに搭載されている蓄電容量により異なります。(蓄電容量20kWh以上:上限23時間 / 20kWh未満:上限12時間)

ご自宅で作った電気をEVに充電して走らせたり、家で使ったりという生活……少し前では想像もしなかったですよね。新時代のエネルギーの形が、今や現実のものとなっています!

ニチコン製の単機能型蓄電池と併設可能

ニチコンのEVパワー・ステーションは、ニチコン製の単機能型蓄電池と併設することもできます。併設可能機種は以下の通りです。

  1. 4.1kWh ESS-U3S1
  2. 11.1kWh ESS-U2M1、ESS-U2M2、ESS-U2MS
  3. 12.0kWh ESS-U2L1、ESS-U2LS
  4. 16.6kWh ESS-U2X1

倍速充電で快適な自宅充電が可能

EVの普通充電器に比べ、最大2倍の速さでの充電が可能です。容量の大きなものでは丸一日以上かかってしまう充電時間を、約半分で済ませることができます。(※プレミアムモデルのみの機能です)

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

インテリジェント機能搭載

ニチコンのEVパワー・ステーションはインテリジェント機能を搭載しています。自宅で使用している電気の使用状況を常時モニターし、電気使用量に合わせて充電する電力量を調整するので、充電中にブレーカーが落ちる心配がありません。

インテリジェント機能がない普通充電器は電力量を調整することができません。EVの充電と同時にエコキュートやドライヤーなど電力消費量の多い家電を使用すると、停電してしまう恐れがあります。

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

引用元: http://www.nichicon.co.jp/products/v2h

国内メーカーのほとんどのEV・PHEVに対応

ニチコンのEVパワー・ステーションは、国内のほとんどのEV、PHEVに対応しています。セダンタイプだけでなく、商用車、軽自動車、軽バンなど幅広く対応しているため、ご自宅だけでなく会社でも活用いただけます。

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」
電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

ホンダ初の量産EV「Honda e」も対応車種に含まれています。日本での発売日は2020年10月30日。未来の自動車はすぐそこまでやってきています。この愛らしいHonda eのボンネットのガラス製の給電口から電気を充電したり……V2Hで節約・非常用電源としての機能を活かしてあげたり……想像するだけでワクワクしますね!

Honda eの魅力を最大限に引き出すことができるV2H。ご興味のある方は、是非一度蓄電池駆け込み寺までお問い合わせください。

スタンダードモデルとプレミアムモデルの違い

製品情報

ニチコンのEVパワー・ステーションには、スタンダードモデルとプレミアムモデルの2タイプがあります。以下はメーカーが公開している本体サイズ及び仕様表です。

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」
電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

スタンダードモデルの3つの欠点

スタンダードモデルには以下の3つの欠点があります。

  1. 停電時の機能が特定負荷のみで、100Vの出力
  2. 停電時には太陽光発電と連系できない
  3. 電気自動車(EV)の倍速充電ができない

特定負荷とは、停電時に冷蔵庫など一部の電化製品のみに電気を送る仕組みを指します。出力が100Vのため、エコキュートやIHクッキングヒーター、エアコンといった機器には接続することができません。

スタンダードモデルはメーカー希望小売価格398,000円と安価ではありますが、やはりプレミアムモデルに比べると性能面で大きく劣ってしまいます。蓄電池駆け込み寺では、プレミアムモデルをおすすめしています。

プレミアムモデルの特徴

最後に、プレミアムモデルの特徴について見ていきましょう。 一部「プレミアムモデルのみの機能」とご紹介していた通り、こちらのモデルにしかない機能があります。

プレミアムモデルのメーカー希望小売価格は798,000円と、スタンダードモデルのおよそ倍。しかしながら、その価格差を十二分に埋める性能で、EVおよび太陽光発電設備の価値を最大限に引き出すことができます。

ニチコンのEVパワー・ステーションは、プレミアムモデルでないと設置するメリットがないと言っても過言ではありません。ニチコンV2Hをご検討中のお客様は、プレミアムモデルでの導入を強くお勧めします。

電気自動車を走る蓄電池に。家庭とEVをつなぐニチコンのV2H「EVパワー・ステーション」

新機種「プレミアムPlusモデル」登場

ニチコンEVパワーステーションに新たに「プレミアムPlusモデル」が追加されました。
UPS機能の追加や浸水被害軽減設計など従来モデルよりもパワーアップしています。
詳細はこちらからご確認ください。

V2Hと相性がいいお客様はこちら

V2Hと相性がいいお客様はこちら

V2Hは、以下のようなケースに当てはまる方に断然おすすめしたいアイテムです。EVをこれから購入しようと考えている方も、予定している使い方が当てはまるか検討してみてください。

≪ケース①≫
・すでに太陽光発電システムを所有している
・EVは主に週末に使用している

≪ケース②≫
・すでに太陽光発電システムを所有している
・EVを通勤に使用している

≪ケース③≫
・太陽光発電システムを所有していない

最新設備であるV2Hは、操作方法に不慣れで、詳細な情報に明るくない業者も少なくありません。使い方次第で価格以上の大きなメリットを得ていただける機器ですので、的確にアドバイスしてくれる販売会社で購入するのが一番です。

ニチコンのEVパワー・ステーションは、EVを所有されている多くの方にメリットを感じていただけるおすすめのV2H機器です。各ご家庭の電気の使用環境やEVの使用サイクルに応じた適切な使用方法や運転モードがありますので、是非お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

 

 

k家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら
お申込みから設置までの流れ 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら

無料資料:蓄電池購入完全ガイドブック

2021年になった今でもご家庭の電気使用量・売電量をないがしろにしたり、

電気代がタダ同然になる等とうそぶき、蓄電池を高額で売りつける

悪徳販売業者が後を絶ちません。

そこで、少しでも悪徳業者の被害を減らす為に

エコ電気サービス株式会社では「蓄電池購入完全ガイドブック」を作成し、

皆さまに無料で配布しています。

本書には

  • 悪徳業者の見極め方
  • 悪徳業者チェックリスト
  • 蓄電池の選び方

など、蓄電池の導入時に欠かせない知識が網羅されています。

ぜひ、お手に取っていただき蓄電池の導入にご活用ください。