エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

V2Hはつけるべきか 〜 EV充電時間・災害時・節約効果などV2Hの機能面から徹底解説

V2Hはつけるべきか 〜 EV充電時間・災害時・節約効果などV2Hの機能面から徹底解説

世界中で脱炭素社会の流れが加速し、クリーンエネルギーへの移行が進んでいます。

カーボンニュートラル(脱炭素)宣言と近年のガソリン価格の高騰などによりガソリン車からプラグインハイブリッド車・電気自動車に乗り換える方がとても増えて来ました。

電気自動車の普及に伴いV2Hの需要も比例して増え続けています。

V2H(充放電器)をこれからつけるべきか。つけないべきか。V2hの導入を悩まれている方もとても多いのではないでしょうか。

今回はV2Hをつける事でどのような恩恵を受ける事が出来るのか機能面からのメリットを徹底解説。V2H導入の際にこちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

電気自動車EVの普及と共にV2Hの需要が急拡大(2022年9月現在)品薄状態に。

V2Hの需要が拡大。2022年9月現在品薄状態に。

ガソリン代が年々高騰する中で注目を集めて販売を伸ばしているのが電気自動車(EV)です。

電気自動車導入後は、V2H(Vehicle to Home 充放電器)を一緒に使う事で自宅で電気自動車の急速充電が出来る上、毎月の電気代削減に繋げる事が出来るので近年とても人気が高くなっています。

今すぐにV2Hを導入したいところですが、コロナウイルスの影響などによって2022年9月現在V2Hの需要が供給を大きく上回り品薄状態となっております。

エコ電気サービスではV2Hをお求めの方の為に、「V2H Waiting listサービス」をスタートしました。

V2Hの供給安定と同時に他のお客様より優先してご案内させていただくサービスです。次回の入荷時もV2Hの品切れが予想されますのでご希望の方はV2h waiting listよりお早めにご登録下さいませ。「V2H見積もり」ページから同時にお申し込みいただけますのでぜひご利用下さい。

V2Hを導入する事で電気自動車を大容量蓄電池として使う事が出来ます

V2Hは家庭用蓄電池として使う事が出来る

V2Hを設置する事で、系統電力からだけでなく、太陽光発電や蓄電池から電気自動車への倍速充電が可能になります。通常運転時に夜間の割安な電気自動車に充電して、昼間は電気自動車のバッテリーに蓄えた電力を家庭に給電出来るので電気代の節約につながります。

家庭用の蓄電池は4kwh〜16kWhですが、電気自動車のバッテリー容量は最低でも60kWhはあるので家庭用蓄電池と比べてもかなりの大容量である事が魅力です。

災害で発生した停電時には、電気自動車の大容量バッテリーから自宅に電気の供給も行えるので、災害時の非常用電源としても使う事が出来ます。

V2Hを使えば従来の2倍の速度でスピード充電出来ます

V2Hなら電気自動車の充電時間が2倍になります

V2Hを導入する事で電気自動車の充電時間を半分にする事が出来ます。

V2Hが販売される前までは、自宅のコンセントにつないで充電するか、ガソリンスタンド、パーキングエリアなどに設置された充電スタンドを使って充電を行なう必要がありました。

本来の充電スタンドの場合は、電気自動車を満タン充電する為に必要な時間は約25時間でした。(※車種により異なります)

V2Hを使用して充電を行う事で充電時間は12時間程で満タン充電出来るようになっています。従来の2/1の時間で充電が出来るのは魅力的ですね。

V2H導入でどれくらいの節約効果がある?

家計に嬉しい!V2H導入による節約効果

ここからはV2Hを導入する事でどれくらいの節約効果があるのかを解説いたします。

電気自動車はガソリンを必要としないので、これからガソリンを購入する必要がなくなります。

ガソリン価格の高騰は頻繁にニュースになっている程、家計にとって重い出費ですよね。

電気自動車にあわせてV2Hを導入する事で電気自動車が自宅でスピード充電出来ますし、電気料金の安い夜間に貯めた電力で車を走らせる事が出来るようになります。

ここからは電気自動車を満タン充電する為に必要なコストガソリン車を満タンにするのに必要なコストを比較した結果をご紹介します。

EV車(日産アリア)を充電満タンにした時のコスト

日産アリア

画像出典: 「NISSAN ARIYAホームページ」より引用

日産の電気自動車アリアのバッテリー容量は66kWhです。日産アリアを例にフル充電した時の必要な電気代コストは以下の通りです。

関西電力 電力プラン (従量電灯A 120kwhを超え300kWhまで1kWh 25.71円で計算)

25.71円 × 66kWh = 1,696円 

ガソリン車を満タンにした時の必要なコスト

ガソリン車を満タンにした時の必要なコスト

66Lのガソリン車をガソリン燃料で満タンにした時の必要なコストは以下の通りです。

ガソリン平均価格 1Lあたり165円(2022年9月現在)で計算
165円×66L =10,890円

ガソリン車満タンの価格と電気自動車をフル充電した時の価格はなんと9,194円もお得に。

月に1回充電またはガソリン満タンを想定して年間で計算すると約11万円もの固定費を浮かせる事が出来ます。

災害による停電時でもV2Hがあれば安心です

災害時でもV2Hがあれば安心です

集中豪雨・地震・台風などによる停電時にV2Hがあると、電気自動車に貯めた電力を自宅に給電して通常の生活を行うことが出来ます。

車種にもよりますが、停電時に約4日分の電力を自宅に送り続ける事が出来ます。V2Hがある事で電気自動車が大容量蓄電池として使えます。災害による停電発生時は通常通りの生活が送れるので安心です。

太陽光発電を併用する事でより電気代を節約出来ます

太陽光発電を使う事でさらに電気代をお得にする事が出来ます。

電気自動車が非重要電源として使う事が出来るのは災害などの停電時にとても安心ですね。

しかし、電気自動車に蓄電された電力にも限界はあります。V2Hに加えて太陽光発電を屋根に設置する事で太陽の出ている昼間は太陽光で発電した電力を使えるようになるのでより災害時に強い電力システムを自宅に構築する事が出来ます。

お昼の電気代は夜間に比べて高いのでその分電気代を節約する事も出来ます。

太陽光発電・電気自動車・V2H は最高の組み合わせでとても相性が良いのです。

これらをセットで導入する事で自宅で発電した電力を貯めて、かしこく使えて電気自動車をクリーンエネルギーのみで走らせることが出来ます。

まとめ

今回はV2Hはつけるべきか。つけないべきか。についてV2Hの機能面から徹底解説させていただきました。結論、電気自動車のお持ちの方はV2Hはマストな商品です。

電気自動車をお持ちの方、電気自動車購入を検討中の方はV2Hを導入される事で以下のような恩恵を受ける事が出来ます。

V2Hを導入してお使いの電気自動車を自宅でスピード充電しフル活用しましょう。

V2H EVパワーステーションのご紹介

nichicon V2H「EVパワー・ステーション」見積もり

電気自動車とあなたの暮らしをつなぐニチコンEVパワーステーションなら、電気自動車に電力を蓄えて使う生活が可能になります。

倍速充電機能がついているので、倍速充電機能を備えているので、約2倍のスピーディーに充電が可能です。

あわせて読みたいニチコンEVパワーステーション」の機能など詳細記事はこちら
V2Hは適正価格で最適な場所へ。V2Hの無料お見積りはこちらから
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら