蓄電池駆け込み寺

蓄電池選びで意外と見落としがち!?各メーカーの蓄電池本体サイズを比較してみた

蓄電池選びで意外と見落としがち!?各メーカーの蓄電池本体サイズを比較してみた

蓄電池を選ぶにあたって、まずはメーカーの特徴や容量、価格をしっかり比較して検討していきますよね。意外と見落としがちなのが蓄電池の本体サイズ。容量の大きいものがいいなと考えていたら想像以上に大きく、想定していた場所に設置できないなんてことも。逆に、すごく大きいものと思っていたから、このくらい小さいのなら屋内設置タイプでもいいかも!と考える方もいらっしゃいます。

それぞれの商品案内ページでもサイズをご紹介しておりますが、ひとつひとつ見て回るよりまとめて見比べたいですよね。ということで、『蓄電池駆け込み寺』で現在主に取り扱っている蓄電池や、今後おすすめの蓄電池のサイズを比較してみました。

蓄電池 本体サイズと質量一覧

おおよそではありますが、表の上からメーカー別に小さい順となっております。

※脚部の突起箇所、固定金具等の部品を除きます。

タテ、ヨコ、高さ……総合的に見ると、オムロンのKPAC-Aシリーズが最小サイズということが分かりました。こちらの機種は、商品案内の記事でも世界最小クラスとご紹介しております。

マルチ蓄電プラットフォームは、オムロンより2020年10月販売開始予定の最新蓄電池です。「?」が2行続くのは、こちらの機種から容量違いの3種類がラインナップされるため。現時点では16.4kWhのみ機器の仕様詳細が公開されておりますが、情報が到着次第こちらの表にも追記させていただきます。商品案内ではボリュームたっぷりでその魅力を発信しておりますので、是非ご覧ください。

また、表に挙げたニチコンの3機種は、どれも大きな容量でその分サイズ・質量ともに他メーカーに比べ特に大きめのラインナップではありますが、容量に関わらずサイズはどれも同じであることが分かります。中でもESS-U2M1は非常に人気も高く、お見積り依頼を多数頂戴しております。

屋外にしか蓄電池を置ける場所がないけど、水害が心配……基礎工事で解決!

 

k家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら
お申込みから設置までの流れ 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら

無料資料:蓄電池購入完全ガイドブック

2021年になった今でもご家庭の電気使用量・売電量をないがしろにしたり、

電気代がタダ同然になる等とうそぶき、蓄電池を高額で売りつける

悪徳販売業者が後を絶ちません。

そこで、少しでも悪徳業者の被害を減らす為に

エコ電気サービス株式会社では「蓄電池購入完全ガイドブック」を作成し、

皆さまに無料で配布しています。

本書には

  • 悪徳業者の見極め方
  • 悪徳業者チェックリスト
  • 蓄電池の選び方

など、蓄電池の導入時に欠かせない知識が網羅されています。

ぜひ、お手に取っていただき蓄電池の導入にご活用ください。