蓄電池駆け込み寺

今ならV2HとEVをお得に購入出来る!個人向け補助金有効活用術

今ならV2HとEVをお得に購入出来る!個人向け補助金有効活用術

今回は個人向けのV2H・EV補助金をご紹介します。これからV2HまたはEV(電気自動車)を導入予定の方はこちらのページを参考に補助金をぜひご活用下さい。

現在、募集されているV2H・EV補助金は大きく分けて以下の3つです。

これらの補助金についてこのページでわかりやすく解説していますので参考にしていただけると幸いです。

環境省の「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用した ゼロカーボンライフ・ ワークスタイル先行導入モデル事業」

環境省の「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用した ゼロカーボンライフ・ ワークスタイル先行導入モデル事業」

現在環境省で募集を行っている「再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用した ゼロカーボンライフ・ ワークスタイル先行導入モデル事業」は、「再エネ100%電力調達」する事を前提に、「電気自動車(EV)」「燃料電池自動車(FCV)」を購入する個人・法人を支援する事業です。

(例)電気自動車とV2H(工事代含む)を同時購入された場合

(例)電気自動車とV2H(工事代含む)を同時購入された場合

電気自動車購入の場合最大80万円+V2H(工事代含む)最大115万円 = 195万円補助を受ける事が出来ます。
(購入する車種、または設置されるV2H機器によって補助金額は変わります。詳細は環境省のサイトよりご確認いただけます。)

環境省のEV・V2H補助金の要件について

環境省が募集している補助金の要件

環境省
補助金 再エネ電力と電気自動車や燃料電池自動車等を活用した ゼロカーボンライフ・ ワークスタイル先行導入モデル事業
補助対象 法人・個人
対象車両 令和2年12月21日から新車新規登録(登録者)または新車新規検査届け出(軽自動車)された車両
電力プラン 再エネ100%電力プランに変更 or 再エネ電力証書購入
車両 EV車 上限80万円
PHEV車 上限40万円
FCV車 上限250万円
V2H 商品 2/1補助の上限75万円
工事 定額補助で上限40万円(個人)または、95万円(法人等)
外部給電機 3/1補助の上限50万円
ご協力

(アンケート)

4年度に渡って、毎年1年程度の調査に協力

経済産業省の「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」

経済産業省の「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」

経済産業省が現在募集を行っている補助金は「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」。この補助金は経済産業省と環境省が連携して実施する事業で、「電気自動車・燃料電池自動車」と「充放電設備/外部給電器」を導入する個人を支援する事を目的にした補助事業です。

(例)電気自動車とV2H(工事代含む)を同時購入された場合

(例)電気自動車とV2H(工事代含む)を同時購入された場合

電気自動車購入の場合最大60万円+V2H(工事代含む)最大115万円 = 175万円補助を受ける事が出来ます。

経済産業省
補助金 「災害時にも活用可能なクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」
補助対象 個人
対象車両 令和2年12月21日から新車新規登録(登録者)または新車新規検査届け出(軽自動車)された車両

【V2Hを同時購入しない場合の特例】

①車両内にコンセントがあり、直接電気製品等と繋ぐ事が可能な車両。
注)車両内コンセントがオプションの車両は対象外。

②専用端子から可搬型の外部給電器を通して、電気製品等と繋ぐことが可能な車両。(外部給電購入が必須)

車両 EV車 上限60万円
PHEV車 上限30万円
FCV車 上限250万円
V2H 商品 2/1補助の上限75万円
工事 定額補助で上限40万円
外部給電機 3/1補助の上限50万円
ご協力

(アンケート)

地域防災への貢献の実態調査などに、モニターとして参画し、2年間(年に一回)調査に協力。災害可能時は可能な限り協力。

個人向け地方自治体別 V2H・蓄電池補助金まとめ

個人向け地方自治体別 V2H・蓄電池補助金まとめ

環境省と経済産業省が募集している個人向け補助金をご紹介させていただきましたが、その他に各都道府県、市町村別のV2H・蓄電池を利用する事が可能です。

こちらの補助金は各都道府県、市町村別で募集期間、要件がかわります。現在お住まいの地域ごとの補助金をpdfファイルでまとめていますので以下のリンクからご確認下さいませ。

地方自治体別の電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)、V2H(充放電器) 補助金まとめ

まとめ

今回は個人向けのV2H、電気自動車(EV)の補助金についてご紹介させていただきました。現在募集の補助金は以下の通りです。

環境省の補助金ではEVとV2Hの同時購入で最大195万円の補助。経済産業省の補助金ではEVとV2hの同時購入で最大175万円の補助を受ける事が可能です。EVとV2Hを購入を検討されている場合はこの補助金を使わない手はありません。

蓄電池駆け込み寺では、個人向けのV2H補助金のサポートも承っておりますのでご検討の方はお気軽にお問い合わせ、ご相談下さいませ。

k家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら
お申込みから設置までの流れ 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら

無料資料:蓄電池購入完全ガイドブック

2021年になった今でもご家庭の電気使用量・売電量をないがしろにしたり、

電気代がタダ同然になる等とうそぶき、蓄電池を高額で売りつける

悪徳販売業者が後を絶ちません。

そこで、少しでも悪徳業者の被害を減らす為に

エコ電気サービス株式会社では「蓄電池購入完全ガイドブック」を作成し、

皆さまに無料で配布しています。

本書には

  • 悪徳業者の見極め方
  • 悪徳業者チェックリスト
  • 蓄電池の選び方

など、蓄電池の導入時に欠かせない知識が網羅されています。

ぜひ、お手に取っていただき蓄電池の導入にご活用ください。