エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

新築住宅に太陽光発電は設置するべきか。後付けでもいいのか。費用面での違いや義務化、補助金についてなど徹底解説

新築住宅に太陽光発電は設置するべきか。後付けでもいいのか。費用面での違いや義務化、補助金についてなど徹底解説

新築を計画するほとんどの人が太陽光発電の設置を検討します。

持続可能な社会への関心が高まる中、太陽光発電は家庭での電力自給自足を実現し、長期的な電気料金の削減に貢献する選択肢です。

しかし、

太陽光発電を設置するタイミングは新築の時がいいのか、それとも後からでも大丈夫なのか?

新築時と後付けで費用にどのような違いがあるのか?

設置する際に気をつけるべきポイントは何か?」など、多くの疑問が浮かびます。

今回の記事では、これらの疑問に答えるために、以下の点について、詳しく解説していきます。

新築住宅を計画している方も、既存の家に太陽光発電の設置を検討している方も、この記事を読めば、必要な知識を得ることができるでしょう。

ぜひ最後までお読みいただき、新築住宅や既存住宅に太陽光発電を設置するかどうかの参考にしていただければ幸いです。

この記事のタップできる目次

太陽光発電とは

太陽光発電とは

太陽光発電とは再生可能エネルギーである太陽の光で電気を発電する環境に優しい発電方法です。

自宅の屋根などに設置するだけで手軽に自家発電ができるので人気があります。

また、発電した電気はご自宅で消費するだけでなく、電力会社に売電することができるのも人気の一つです。

海外では新築時に太陽光発電の設置を義務化している地域もあり、その環境効果は見過ごせないものがあります。

今後、家庭用蓄電池やEV・V2Hの普及により更に太陽光発電の価値は高まっていくでしょう。

太陽光発電についてはこちらで詳しく解説しています。

太陽光発電のメリット

太陽光発電を設置する上でどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは以下のような太陽光発電のメリットをご紹介します。

太陽光発電の訪問販売に注意

いきなり太陽光発電の営業マンが訪問してきたことはありませんか?

約束もしていないのに訪問してくる業者とは決して契約してはいけません。

また、最初の見積もり金額から大幅に値引きしてくるような業者も信用できませんよね?

訪問販売の太陽光発電は大幅に値引きされたとしても、適正価格よりもかなり高額な場合が多いです。

もしも見積もりを渡された場合は適正価格であるか確認しましょう。

太陽光発電・蓄電池の訪問販売の危険性について詳しくはこちらの記事も参考にしてください。

太陽光発電の適正価格

太陽光発電の適正価格は1kWあたりの単価(kW単価)で表します。

気になる太陽光発電の適正価格は1kWあたり、約250,000円前後です。

見積り金額から1kWあたりの単価を確認する場合、下記のように求めます。

太陽光発電の見積り金額 ÷ 太陽光発電の発電容量 = kW単価

例えば、発電容量6kWの太陽光発電の見積り金額が1,500,000円であれば、

1,500,000円 ÷ 6kW = 250,000円/kw

以上のようになり、適正価格ぴったりでの見積りだと分かります。

メーカーや設置枚数、設置工法によってはある程度前後しますが、それでも適正価格で販売している業者であれば20万円代から外れるようなことはないでしょう。

太陽光発電の適正価格について、こちらの記事でより詳しく解説しています。

太陽光発電はいつ設置するのがいい?新築?後付け?

太陽光発電はいつ設置するのがいい?新築?後付け?

太陽光発電は、環境に優しい再生可能エネルギーとして注目されています。

また、設置することで電気料金を削減したり、売電による収入も期待できます。

大手ハウスメーカーからもオプション設定があるなど、新築・既築問わずに人気です。

しかし、いつ設置するのが最適なのか、新築時に設置するのか後付けにするのかで迷う方も多いでしょう。

ここでは太陽光発電を設置するタイミングについてメリット・デメリットを含めて解説します。

太陽光発電を新築時に設置するメリット

太陽光発電を新築時に設置するメリット

太陽光発電を新築時に設置するメリットについて、わかりやすく解説いたします。

家を新築する際に太陽光発電を導入することは、経済面に加えて多くの利点があります。

以上のメリットを踏まえると、新築時に太陽光発電を導入するのはおすすめです。

初期費用を抑えつつ、効率的で美しい太陽光発電を設置することができるでしょう。

新築の家を計画している方は、是非この機会に太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光発電を新築時に設置するデメリット

太陽光発電を新築時に設置するデメリット

太陽光発電を新築時に設置する際のデメリットについて説明します。

太陽光発電を新築時に設置するのはメリットも多い反面、いくつかのデメリットがあります。

ここでは、代表的なデメリットをリストアップし、それぞれについて具体的な説明を加えます。

これらのデメリットを知ることは、太陽光発電を新築に設置するかどうかを決定する上で重要です。

メーカーの選択肢が限られることや、固定資産税の増加は、特に予算や将来の計画に大きな影響を及ぼす可能性があります。

したがって、新築時に太陽光発電を導入する場合は、これらのポイントをしっかりと検討する必要があります。

また、メーカーやパネルの種類は建築会社との交渉次第で変更することができるかもしれません。

せっかくのマイホーム、しっかりと要望を伝えて、理想の住まいにできるといいですね。

太陽光発電を後付けするメリット

太陽光発電を後付けするメリット

太陽光発電を後付けで設置することのメリットについて、わかりやすく解説します。

新築時ではなく、既存の家に後から太陽光発電を設置するのは、さまざまな利点があります。

新築に限らず、太陽光発電を設置することは、多くの家庭にとって非常に魅力的な選択肢です。

太陽光発電に関心がある方は、これらのメリットをぜひ参考にしてください。

太陽光発電を後付けするデメリット

太陽光発電を後付けするデメリット

太陽光発電を後付けで設置する際のデメリットについて、分かりやすく解説します。

太陽光発電を既存の家に後から設置する場合、いくつかのデメリットがあります。

これらのデメリットを避けるためには、業者選びに時間をかけること、事前にしっかりと商品知識を得ること、そして、費用が適正かを確認することが重要です。

太陽光発電の後付け設置を検討している方は、これらのデメリットを考慮して検討を進めてください。

新築時と後付けで太陽光発電の費用面の違いはある?

新築時と後付けで太陽光発電の費用面の違いはある?

新築時と後付けで太陽光発電の費用面の違いはあるのか、具体例を交えて説明します。

以上のように、新築時に太陽光発電を設置する場合では後付けで設置する場合に比べて、費用面で大きな違いがあります。

新築時に設置することで設置費用の削減や住宅ローンを利用した資金調達のメリットがありますが、後付けでは新築時に比べて設置費用が高くなる傾向があり、金利面での不利が考えられます。

太陽光発電の導入を検討している場合は、新築時に設置するのが費用面では有利です。

しかし、販売業者をしっかり吟味することで、新築時とほとんど変わらない費用で設置することもできるでしょう。

太陽光の見積もりは複数業者から出してもらうようにし、適正な価格であるか見極める必要があります。

なお、2023年度は2022年度よりも新築・後付けともに価格が上昇し、統計開始から初めて後付けの太陽光発電のほうが設置費用が安くなりました。

設置費用の上昇は近年続く物価高の影響がある予想できます。

また、新築と後付けの設置費用が逆転したのは、後付け太陽光発電よりも数千万円単位の新築工事の方が設置費用の上昇に拒否感が薄いことが一因でしょう。

太陽光発電の設置費用と適正価格についてはこちらの記事を参考にしてください。

新築時に太陽光発電を設置する費用

新築時に太陽光発電を設置する費用

新築時に太陽光発電を設置する費用について、2023年度における太陽光発電の設置費用は統計開始以来、初めて後付け設置よりも新築設置の方が費用が高くなる現象が見られました。

ここでは、その費用の内訳とその理由について説明します。

通常、新築時に太陽光発電を設置する方が、後付けに比べて費用が安くなるとされています。

これは、建物の設計段階で太陽光発電の設置を考慮でき、屋根の構造や配線、工事スケジュールを最初から太陽光発電に適した形で計画できるためです。

また、新築時には金利の安い住宅ローンに太陽光発電の費用を組み込むことが可能であり、これにより金銭的な負担を軽減できます。

しかし、2023年度のデータによると、新築設置のkW単価は28.8万円/kWとなり、後付け設置のkW単価27.8万円/kWよりも高くなりました。

この変化の背景には、新築市場における太陽光発電の需要の増加、高性能パネルへのシフト、物価高による建築コストの全般的な上昇などが考えられます。

新築時に設置する場合、最新技術を取り入れた高効率パネルの選択や、建物のデザインに完全に統合するための追加費用が発生することが、単価の上昇につながった可能性があります。

また、数千万円単位の費用が必要な新築工事のほうが、リフォームによる後付け設置よりも費用の上昇への抵抗感が少ないことも一因でしょう。(太陽光発電が高くなったというよりも、新築住宅が高くなったように感じやすい)

新築の家を建てる際に太陽光発電を検討する場合は、最新の市場価格や性能、そして住宅ローンとの組み合わせを十分に検討することが重要です。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁 「第91回 調達価格等算定委員会 資料1 太陽光発電について 2023年12月

後付けで太陽光発電を設置する費用

後付けで太陽光発電を設置する費用

後付けで太陽光発電を設置する費用面でのメリットは、メーカー選択の自由度が高いことです。

これにより、様々なメーカーの中から、コストパフォーマンスが高い製品を選ぶことが可能になります。

自由な選択が可能であるため、より安いメーカーの製品を選んで初期投資を抑えることができるのです。

2023年度のデータによると、統計開始以来初めて後付け設置の方が新築時の設置よりも費用が低くなる現象が見られました。

具体的には、新築時の太陽光発電の設置のkW単価は28.8万円であったのに対し、後付け設置のkW単価は27.8万円です。

この差は、後付け設置の場合に選択の幅が広がること、および各販売店の価格競争により費用が抑えられる傾向にあることが要因の一部だと考えられます。

しかし、後付け設置には、既存の建物の状態に合わせた追加の工事が必要になる場合があり、これがコストアップの要因となることもあります。

例えば、屋根の補強が必要になったり、配線を新たに引く必要があったりすると、これらの追加工事には別途費用が発生します。

このように、後付けで太陽光発電を設置する場合、メーカー選択の自由などにより初期投資を抑えることが可能ですが、屋根補修などの追加工事の必要性によって費用が変動する可能性があります。

新築時や後付けで太陽光発電を設置する注意点

新築時や後付けで太陽光発電を設置する注意点

新築時や後付けで太陽光発電を設置する際の注意点について、詳しく解説します。

以下に、主な注意点をリストアップし、それぞれについて説明します。

さらに一つずつ詳しく解説していきます。

屋根の形や方角に注意して発電効率が最大になるように設計する

屋根の形や方角に注意して発電効率が最大になるように設計する

太陽光発電を新築に設置する際には、屋根の形状や設置する方角を慎重に考慮することが重要なポイントとなります。

この理由は、これらの要素が太陽光発電の発電効率に大きく影響するからです。

太陽光発電の発電効率を最大化するためには、太陽の光を一日中できるだけ多く受け取ることができるように、屋根の設計を行う必要があります。

太陽光発電に最適化するのなら、南向きの大きな屋根に太陽光パネルを設置することが理想的でしょう。

なぜなら、南向きの屋根は日中の太陽光を効率良く受けることができるため、太陽光発電の発電量を最大化することができるからです。

太陽の位置は季節によって変わりますが、南向きの屋根は一年を通して安定した発電が期待できます。

また、屋根の傾斜角度を太陽の高度に合わせて最適化することで、パネルが直射日光を受けやすくなり、発電効率が向上します。

地域 札幌 仙台 東京 大阪 鹿児島 那覇
最適な屋根勾配 7寸 6寸 6寸 6寸 6寸 4寸

最適な太陽の高度は地域や季節によって異なります。

東京だと6寸勾配で南向きの片流れ屋根が最も太陽光発電に適した屋根と言われていますが、法規制等もあり、すべての住宅で採用できるプランではないでしょう。

しかし、できるだけ大きくて角度のある屋根を南向きにとることが、効率に良い太陽光発電を設置するポイントです。

太陽光発電の効率的な屋根の形や角度、方角について、こちらの記事でも詳しく解説しています。

参考:産総研「実環境における発電量:AIST太陽光発電技術開発

太陽光発電の設置業者の責任範囲を明確にする

太陽光発電の設置業者の責任範囲を明確にする

太陽光発電を新築または既存の家に後付けで設置する際には、設置業者の責任範囲を明確にすることが重要です。

この責任範囲を明確しておくことで、将来的に発生する可能性のある不具合やトラブルの際、スムーズな対応が期待できます。

特に、既存の家に後付けで設置する場合、建築会社と太陽光発電の設置業者との間で、責任範囲が重なる部分が出てくる可能性があります。

たとえば、太陽光パネルの設置に伴い屋根や外壁に穴を開ける必要があるケースです。

その周辺からの雨漏りが発生したときに、その責任が建築会社にあるのか、設置業者にあるのかを事前に明確にしておかなければいけません。

多くの場合、このようなケースでは建築会社の保証が適用されないことが多く、設置業者が対応をすることになるでしょう。

しかし、この責任範囲が明確にされていない場合、後に発生したトラブルが原因で建築会社と設置業者の間で責任の押し付け合いが発生し、最終的にはお客様が不利益を被ることになってしまいます。

このような場合、対応までに時間がかかるだけでなく、予期せぬ費用が発生する原因ともなります。

新築または既存の家に後付けで太陽光発電の設置を検討する際には、責任範囲をしっかりと確認し、将来的に発生するかもしれないトラブルに備えておくことが大切です。

太陽光発電の設置業者の保証期間を確認しておく

太陽光発電の設置業者の保証期間を確認しておく

太陽光発電を新築または既存の家に後付けで設置する際には、設置業者が提供している保証期間を確認しておくことが重要です。

設置業者によって、保証期間が10年であったり、15年保証である場合があります。

また、設置業者によっては、工事保証だけではなく、自然災害保証を付帯してくれる場合もあることはご存じですか?

このような保証があれば、台風などの自然災害が発生した際にも、補償の範囲内で修理や対応が可能です。

このように、設置業者によって提供される保証内容には差があります。

太陽光発電の契約前に詳細を確認することが大切です。

工事の保証内容を事前に把握しておくことで、万が一のトラブルにも迅速に対応できます。

設置費用が適正な価格かどうか確認する

設置費用が適正な価格かどうか確認する

太陽光発電を新築または既存の家に後付けで設置する際、その設置費用が適正な価格であるかどうかを確認することは非常に重要です。

2023年度のデータによると、新築時の設置におけるkW単価は平均で28.8万円、後付け設置の場合は平均で27.8万円となっています。

また、太陽光発電の適正な価格は25万円/kW±5万円の範囲です。

新築に太陽光発電を設置する際の平均kW単価 28.8万円
既築住宅に太陽光発電を設置する際の平均kW単価 27.8万円
太陽光発電の適正なkW単価 25万円±5万円

この適正価格が太陽光発電の見積もりを評価する基準となります。

設置費用の見積もりがこの適正価格の範囲を大幅に上回る場合、設置費用が高すぎる可能性があります。

一方で、あまりにも金額の低い見積もりは、使用される材料の品質が低い、または必要な作業が省略されているなどの可能性があるため、注意しなければいけません。

適正価格から大きく外れる見積もりを受けた場合は、他の業者にも相談してみることをおすすめします。

複数の設置業者から見積もりを取ることで、太陽光発電の設置費用に対する理解が深まり、より適切な判断が可能となるでしょう。

また、見積もりを比較する際には、単に価格だけでなく、提供されるサービスの内容、使用される材料の品質、工事保証の範囲や期間なども考慮に入れることが大切です。

太陽光発電の設置を検討している場合は、適正な価格で高品質なサービスを受けられるよう、慎重に業者選びを行いましょう。

適正価格の範囲を理解し、複数の業者から情報を収集することが、満足のいく太陽光発電の設置への第一歩となるでしょう。

新築時に太陽光発電を設置する場合の工事期間

新築時に太陽光発電を設置する場合の工事期間

新築時に太陽光発電を設置する場合の工事期間について分かりやすく説明します。

太陽光発電の設置工事の期間は、設置を行う業者が建築会社の提携業者であるか、建築会社とは無関係の独立した設置業者であるかによって異なります。

太陽光発電の設置を検討している場合は、これらの点を考慮して、設置計画を立てることが重要です。

設置業者を選ぶ際には、工事だけでなく、保証内容なども確認しておきましょう。

建築会社の提携業者の場合

建築会社の提携業者の場合、新築住宅の引き渡し時には太陽光発電の設置が完了しています。

建築会社が提携している設置業者を利用する場合、太陽光発電の設置工事は住宅の建築と同時に進められることがほとんどです。

なので、新築住宅の引き渡し時には太陽光発電の設置が完了しています。

提携している設置業者の実績や保証内容、そして費用についても詳しく確認しておくことが重要です。

建築会社とは無関係の設置業者の場合

太陽光発電を新築住宅に後付けする場合、建築会社とは無関係な第三者の設置業者を選ぶと、住宅の引き渡し後に設置工事が始まることが一般的です。

太陽光発電を新築住宅に後付けする場合、建築会社とは無関係な第三者の設置業者を選ぶと、住宅の引き渡し後に設置工事が始まることが一般的です。

建築会社の提案する太陽光発電の仕様に満足できない場合に選ばれることがあります。

第三者の設置業者を利用する最大の利点は、幅広い選択肢から設置方法やコストなど、自分のニーズに最も合った太陽光発電を選べることです。

太陽光発電の設置工事自体は通常、1日から2日程度で完了することが多いため、工事期間自体による生活への大きな影響は少ないでしょう。

しかし、設置工事を行う日程は、新居への引っ越しや日常生活のスケジュールに影響を与えるため、事前に設置業者としっかりと調整することが必要になります。

また、建築会社とは無関係の業者を選ぶ際には、設置後のサポートや保証、メンテナンス体制もしっかりと確認しておく必要があります。

設置業者の保証期間や内容は、将来的なトラブルや不具合に対処する上で重要なポイントとなるので、契約前にこれらの点を把握しておきましょう。

太陽光発電の設置工事自体は1日から2日ほど

太陽光発電の設置工事自体は1日から2日ほど

太陽光発電の設置工事自体にかかる期間は、一般的には1日から2日程度です。

これは、新築住宅にせよ、既存の家に後付けで設置する場合にせよ、基本的な作業工程がシンプルであるためです。

ただし、屋根の形状や設置する太陽光発電の規模によっては、工事期間がもう少し長くなる可能性もあります。

しかし、設置工事が完了したからといって、すぐに太陽光発電を稼働させることができるわけではありません。

実際に発電を開始するためには、電力会社と経済産業省からの認可がそれぞれ必要となります。

発電申請から認定、発電開始作業まで通常2~3ヶ月ほどかかります。

この認定は、太陽光発電の設計や設置に関するすべての情報が正しく、規定に沿っているかを確認するために無くてはならないものです。

このため、太陽光発電の設置を計画する際には、設置工事の期間だけでなく、認可に要する時間も考慮に入れる必要があります。

適切な計画と準備を行うことで、スムーズに太陽光発電を導入し、自家発電を始めることができるでしょう。

太陽光発電を設置するメリットとは?

太陽光発電を設置するメリットとは?

太陽光発電を設置するメリットは、新築や既存の家に後付けで設置する場合にも、とくに違いはありません。

以下に太陽光発電の主なメリットをリストアップして説明します。

これらのメリットのため、太陽光発電の設置は新築はもちろんのこと、既存住宅への後付けにおいても、非常に魅力的な選択肢であると言えるでしょう。

発電した電気を自家消費することができる

発電した電気を自家消費することができる

太陽光発電を新築や既存の家に設置すると、生活で使用する電力を自宅で発電することができます。

これにより、電力会社から購入する電力量を減らすことができ、結果として電気料金の削減が期待できます。

たとえば、照明や家電製品など、電力を消費するさまざまな設備を太陽光発電で賄うことが可能です。

特に新築の家を建てる際に太陽光発電を計画することは、設計の段階からエネルギー効率の良い住宅を計画できるという大きなメリットがあります。

また、既存の家に後付けで太陽光発電を設置することも、電気料金の節約や環境に優しい生活を実現するための有効な手段です。

使いきれなかった電気は電力会社に売電することができる

使いきれなかった電気は電力会社に売電することができる

太陽光発電を新築や既存の家に設置することで、太陽の光を活用して電力を発電し、その発電した電気を自家消費することが可能になります。

しかし、よく晴れた日には、自宅での消費を超える電力を発電することがあります。

このような場合、使いきれなかった余剰電力を電力会社に売電することが可能です。

太陽光発電は自宅の電力を賄うだけでなく、さらなる収入源としても活躍します。

余剰電力の売電価格は、電力会社や時期によって様々です。

なお、2024年度に新たに太陽光発電を設置する場合、売電単価は16円/kWです。

この制度を利用することで、太陽光発電の設置費用の回収や、家計の節約に貢献することが期待できます。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁「買取価格・期間等|FIT・FIP制度|なっとく!再生可能エネルギー

停電時にも発電している電気を使用できる

停電時にも発電している電気を使用できる

太陽光発電を新築や既存の家に設置することは、停電が発生した場合にも発電している電力を家庭内で使用できるという大きなメリットがあります。

例えば、台風などの自然災害によって地域全体が停電した場合でも太陽光発電があれば、日中は発電した電力を使用することができます。

この発電した電力を利用して、照明や冷蔵庫など、生活に必要な電力を確保することが可能です。

このように、太陽光発電は電気料金の削減だけでなく、非常用電源としての価値も持ち合わせています。

非常時における電力の確保は、家族の安全を守る上で非常に重要です。

新築住宅を計画している方や、既存の住宅に後付けで太陽光発電を設置することを検討している方にとって、これは大きな安心材料となるのではないでしょうか。

太陽光発電を新築時に設置するのは義務になった?

太陽光発電を新築時に設置するのは義務になった?

いくつかの地域では、新築住宅や建築物に太陽光発電の設置を義務付ける動きが見られます。

これは、2050年カーボンニュートラル達成を目的とした政策の一環です。

以下は、太陽光発電の設置義務化に関する具体的な事例です。

これらの政策は、太陽光発電を通じてエネルギー自給率の向上とCO2排出量の削減を図ることを目的としています。

義務化の範囲や条件は自治体によって異なるため、新築を計画している場合は、地域の条例や制度を事前に確認するようにしてください。

参考:都庁総合ホームページ「太陽光発電設置義務化に関する新たな制度が始まります|東京都
参考:川崎市ホームページ「川崎市:建築物太陽光発電設備等総合促進事業(新たな条例制度)の開始について

参考:横浜市ウェブサイト「再生可能エネルギー導入検討報告制度 横浜市
参考:群馬県ホームページ「特定建築主による再生可能エネルギー設備の導入義務付け – 群馬県ホームページ(グリーンイノベーション推進課)

参考:京都府ホームページ「京都府再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例/京都府ホームページ

太陽光発電を新築に設置するのに補助金はある?

太陽光発電を新築に設置するのに補助金はある?

太陽光発電を新築住宅に設置する際の補助金について、2023年度の実施実績を元に解説します。

太陽光発電を新築住宅に設置する際には、国や自治体が定める条件に基づいて補助金制度の利用が可能な場合があります。

補助金の申請資格や条件、申請方法などは自治体や年度によっても異なるので、必ず最新の情報を確認してください。

新築住宅に太陽光発電は設置するべきか。まとめ

今回は新築に太陽光発電を設置するべきかどうかを解説しました。

太陽光発電を新築に設置するのはメリットも多く、持続可能な社会を目指す上でも非常に重要です。

最後に、太陽光発電を新築時、または後付けで設置する際の様々な側面をまとめました。

太陽光発電を新築住宅に設置するかは、各ご家庭の状況やニーズによって異なります。

しかし、経済的なメリットだけでなく、環境への配慮や将来への投資として太陽光発電を設置する価値はあるでしょう。

太陽光発電・蓄電池の導入はエコ電気サービスにお任せ下さい

蓄電池・太陽光発電のお見積りはエコ電気サービス株式会社にお任せ下さい

エコ電気サービスでは、太陽光発電はもちろん、取り扱いのある蓄電池やV2Hシステムなど、全ての商品を適正価格でご案内することをお約束しています。

まだ太陽光発電のメーカーなどがお決まりでない場合、専任の担当者が一緒にメーカーを選定しますので、ご安心ください。

訪問販売が来てその場で契約してしまったなど、お急ぎの場合はお電話でのご相談が便利です。

スマートフォンをお使いであれば電話番号をタップしていただくだけで発信できます。

このページの下部より簡単にお問い合わせできます、お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

太陽光発電を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら

蓄電池・太陽光発電・V2H・エコキュート施工対応エリア

東北エリア
#宮城
#福島
中部エリア
#富山
#石川
#福井
#山梨
#長野
#岐阜
#静岡
#愛知
関東エリア
#東京
#千葉
#埼玉
#神奈川
#群馬
#茨城
関西エリア
#大阪
#兵庫
#京都
#滋賀
#奈良
#三重
#和歌山
中国エリア
#鳥取
#島根
#岡山
#広島
#山口
四国エリア
#徳島
#香川
#愛媛
#高知