蓄電池駆け込み寺

蓄電池とエコキュートの相性を関西電力の電力プランの観点から解説

蓄電池とエコキュートの相性を関西電力の電力プランの観点から解説

「太陽光発電と蓄電池とオール電化はセットと聞くけどお得なの?」「蓄電池とエコキュートで光熱費が安くなるワケを教えて!」などなど、太陽光や蓄電池とオール電化、電力プランの関係についてのご質問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。こちらの記事では、蓄電池とエコキュートの相性について、関西電力の電力プラン『従量電灯A』と『はぴeタイムR』をもとにご紹介させていただきます!

既にエコキュートを導入しているけどイマイチ料金の仕組みが分からない……という方や、今後ガスからオール電化に移行しようかな?と考えている方 は是非ご参考にしてください。

電力プラン:従量電灯A

オール電化ではない一般的なご家庭向け

『従量電灯A』は、電気温水器やエコキュートを使用されていないご家庭向けの、関西電力でも最もスタンダードな料金プランです。こちらのプランでは時間帯で料金単価の変動がなく、”電気の使用量に応じて”三段階に料金単価が変動します。

電力プラン:はぴeタイムR

オール電化のご家庭向け

『従量電灯A』は使用量に応じて電気料金単価が高くなり、時間帯による料金の変化がないことに対し、『はぴeタイムR』ではいくら使用しても単価が高くならず、時間帯により料金が安くなる魅力的な電力プランです。

蓄電池とエコキュートの相性を関西電力の電力プランの観点から解説

はぴeタイムRの注目ポイント ナイトタイム

ここで注目していただきたいのが、”ナイトタイム”と呼ばれる深夜電力(深夜23時~翌朝7時の電気料金)です。エコキュートを導入しはぴeタイムRを利用されている方であれば、このナイトタイムに割安な電気を貯め、貯めた電気を日中の電気料金が割高な時間帯(リビングタイム/デイタイム)に使用することができます。

蓄電池とエコキュートの相性を関西電力の電力プランの観点から解説

また、電気を300kWh以上買っている方であれば、 従量電灯AからはぴeタイムRにプランを変更することで、どの時間帯で電気を買っても29.29円/kWhかかっている電気料金が、深夜電力を利用することで15.20円/1kWhになります。

1kWhあたりの電気料金が14.09円お得になります!

まだ売電単価が下がっていない場合(太陽光設備の設置から10年未満)でも、蓄電池を経済的にお使いいただくことができるんです。

はぴeタイムR 加入の条件

『はぴeタイムR』はどのご家庭でも加入できるプランではありません。加入には下記の条件を満たしている必要があります。

「低圧で電気の供給を受け、電灯または小型機器を使用し、デイタイムからリビングタイムまたはナイトタイムへの負荷移行が可能で、かつ、総容量が原則として1kVA以上の夜間蓄熱式機器(エコキュート等)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ給湯機等)を使用されるお客さま 」(関西電力公式サイトより引用)

関電の電力プランと蓄電池&エコキュートの相性 まとめ

関電の電力プランと蓄電池&エコキュートの相性 まとめ

エコキュートを導入することで加入できる『はぴeタイムR』は、深夜の出来料金がお得になるオール電化のご家庭向けプランです。蓄電池とセットで利用することで、電気料金の節約にも繋がります。また、停電時に使用できなくなってしまうというエコキュートの弱点も、蓄電池があればしっかりカバーできます。(※200V対応型の蓄電池が必要です。)

『蓄電池駆け込み寺』では、太陽光発電システム・蓄電池やオール電化にまつわる電気料金についての疑問にもお答えします!まずはお気軽にお問い合わせ・お見積依頼くださいませ。

↓ 簡単お問い合わせはこちら↓

k家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら
お申込みから設置までの流れ 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら

無料資料:蓄電池購入完全ガイドブック

2021年になった今でもご家庭の電気使用量・売電量をないがしろにしたり、

電気代がタダ同然になる等とうそぶき、蓄電池を高額で売りつける

悪徳販売業者が後を絶ちません。

そこで、少しでも悪徳業者の被害を減らす為に

エコ電気サービス株式会社では「蓄電池購入完全ガイドブック」を作成し、

皆さまに無料で配布しています。

本書には

  • 悪徳業者の見極め方
  • 悪徳業者チェックリスト
  • 蓄電池の選び方

など、蓄電池の導入時に欠かせない知識が網羅されています。

ぜひ、お手に取っていただき蓄電池の導入にご活用ください。