エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

何が違うの?エコキュートとエネファームの違いを比較してみた!

エコキュートとエネファームって、何が違ってどっちがいいの?

エコキュートについて調べていると、ちらほら目にすることのある「エネファーム」。どちらもエコっぽい響きだけど、何が違うのか実はあまり分かってない……なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際のところエコキュートとエネファームは混同されやすい商品でもあります。今回はそんなエコキュートとエネファームの違いについてそれぞれ解説していきます。

エコキュートとは

エコキュートとは

はじめにエコキュートについて解説していきます。

エコキュートとは、電気でお湯を沸かすタイプの給湯器です。ヒートポンプ技術を利用してエネルギーを作り、そのエネルギーによる熱でお湯を沸かし、貯湯タンクで保温する、という仕組みです。

電気料金の安い夜間にお湯を沸かすため、エコキュートは一般的なガス給湯器に比べ光熱費を抑えることができます。

エコキュートの特徴

エコキュートには以下のような特徴があります。

・光熱費の削減ができる
・環境にやさしい
・電力のピークシフト機能を標準搭載

具体的な内容を一つずつご紹介していきます。

光熱費削減ができる

 光熱費削減ができる

エコキュートはガスや電気ヒーターで水を加熱してお湯を作るのではなく、大気中の熱を利用することで少ない電力でお湯を沸かしています。これがエコキュートで光熱費が削減できる理由です。

さらに電気代が安い夜間にお湯を沸かすことで、より大幅なコストダウンが期待できます。

環境にやさしい

 環境にやさしい

エコキュートは大気中にある熱を利用してお湯を作ることができます。モノを燃やさないので、お湯を沸かすことによる二酸化炭素の排出もありません。

また、空気から熱を集めたり移動させる際には、”冷媒”と呼ばれる物質が使用されます。従来の機器ではオゾン層破壊の原因にもなるフロンが使用されていましたが、エコキュートでは自然冷媒を採用していることから、環境にやさしい給湯器とされています。

電力のピークシフト機能搭載

 電力のピークシフト機能搭載

ピークシフトとは、電力を消費する時間帯をシフトさせ(=ずらして)、電力需給ピーク時における電力の消費を抑えることです。

エコキュートの場合、電気代が高い昼間の時間帯には一切稼働させずに、1日の中でも電気代が安い夜間にお湯を沸かすことでピークシフトすることができます。

エコキュートはこんな人におすすめ

エコキュートは以下の項目に当てはまる人におすすめです。

・毎月の光熱費を抑えたい人
・ガス給湯器を使用している人
・災害時に備えたい人

それではより詳しく見ていきましょう。

毎月の光熱費を抑えたい人

 毎月の光熱費を抑えたい人

毎月の光熱費を抑えるなら、まずおすすめしたいのがエコキュートの導入。エコキュートを使用することで、毎月かかる費用を抑えることができます。
これはエコキュート導入の最大のメリットといっても過言ではありません。

家族の人数が多ければ多いほど、エコキュートにかかる初期費用を早々に回収することができます。

ガス給湯器を使用している人

現在ガス給湯器を利用している方は、エコキュートに変えるだけで大幅に毎月かかる光熱費を下げることができます。

利用するお湯の量や家族構成によっても異なりますが、平均でおよそ1/3〜1/4の程度の光熱費を削減することが可能です。

初期費用はかかってしまいますが、現在ガス給湯器を利用している方は早急にエコキュートへの交換をおすすめします。

災害時に備えたい人

 災害時に備えたい人

エコキュートがあれば、災害で万が一停電が起きた場合でも、貯湯タンクであらかじめ保温されているお湯はそのまま利用することができます。

また、エコキュートは一般的なガス給湯器よりも復旧スピードが早いと言われており、万が一の時でもお湯を使える体制を整えておくことができます。

エネファームとは

エネファームとは

次にエネファームについて解説します。

エネファームとは、都市ガスやプロパンガスなどから水素を取り出して、大気中の酸素と反応させることで電力を作り出すシステムです。エコキュートは給湯器ですが、エネファームは発電しながらお湯をつくることのできる家庭用燃料電池なのです。

まるで家庭菜園のように電気を自家発電できるエコな仕組みに、近年注目が集まっています。

エネファームの特徴

エネファームはガスから発電し、その際に発生する熱を利用してお湯を沸かすことができるため、効率良くお湯を沸かすことができます。

また、エネファームはご家庭の電気使用量に合わせて24時間連続で発電することができ、発電時の熱はタンクにお湯として貯めておくことができます。

さらに、エネファームが発電して余った電気はガス会社に売電することも可能です。

エネファームはこんな人におすすめ

エネファームは以下の項目に当てはまる人におすすめです。

・世帯人数が多い
・LPガスを利用している人

それでは、より詳しく見ていきましょう。

世帯人数が多い

世帯人数が多い

エネファームは、使用量が多ければ多いほどその効果を発揮します。そのため、世帯人数が多い世帯などの場合、エネファームをより有効に活用することができます。

LPガスを利用している人

LPガスを利用している人

現在LPガスを利用している人は、エネファームを導入することで現在の約半分の量で発電することができます。

エネファームとプロパンガスの組み合わせは非常に相性が良く、経済面でもおすすめです。

エコキュートとエネファームの比較表

エコキュート エネファーム
料金 300Lフルオートタイプ:30万~53万円 約150万〜200万円
特徴 少量の電力と大気中の空気を利用してお湯を沸かす 電力を作り出すための熱を利用してお湯を作る
おすすめのご家庭 毎月の光熱費を抑えたい
ガス給湯器を使用している
災害時に備えたい
世帯人数が多い
LPガスを利用している
メリット 電気代やガス代などの毎月の光熱費が安くなる
CO2を排出しないため環境に優しい
非常時は貯湯タンク内のお湯を使用できる
環境に優しいため、エコに貢献が可能
節電効果・電気料金の削減が期待できる
自宅で発電可能
災害時でも発電できる
ガス会社の優待プランを利用できる
デメリット 初期費用が高い
夜間の騒音問題に発達する場合がある
シャワーの水圧が弱くなることがある
飲用できない
設置場所が必要
初期費用・メンテナンス料金が高い
発電した電力は売電できないことが多い

エコキュートとエネファームを使わずに光熱費を節約する方法

エコキュートとエネファームを使わずに光熱費を節約する方法

エコキュートもエネファームも、導入時には数十万~200万円前後の初期費用がかかります。

初期費用がこれだけ高いと、いくら省エネ効果があるとはいえ気軽に導入するのは難しいですよね。

どちらも導入するのは難しい、でも光熱費はなるべく下げたい!

そんなときにおすすめな一番の方法は、「ガス会社を切り替える」ことです。

意外と知られていないことが多いですが、現在加入しているガス会社から他社のガス会社へ切り替えるだけで、光熱費を抑えられることもあります。

どのご家庭も加入会社やプランの見直しによって節約できる可能性がありますので、ぜひ試してみてください。

エコキュートとエネファームは補助金を利用できる

エコキュートとエネファームは補助金を利用できる

こちらも見落とされがちではありますが、エコキュートとエネファームはどちらも補助金が出る場合があります。
補助金の内容は各自治体によっては、エコキュートは1.5万~3万円、エネファームは3万~15万円程度の補助を受け取ることができます。

エコキュートの補助金額は年々下がる傾向にありますが、エネファームは10万円以上の補助金をもらうことも可能です。

各自治体により内容や対象者などが異なりますので、まずは自分の住んでいる自治体に補助金制度があるかどうかを確認してみましょう!

エコキュートとエネファームの設置・交換工事はエコ電気サービスにお任せ

エコキュートとエネファームの設置・交換工事はエコ電気サービスにお任せ

エコキュートもエネファームもどちらでも導入時に必ず発生するのが、設置・交換工事です。

どちらも個人で設置することはできないため、必ず電気工事士の資格をもつ工事業者に依頼する必要があります。

エコ電気サービスは太陽光発電や蓄電池をはじめとした電気工事に特化しておりますので、安心して工事をご依頼いただけます。

まずは工事費用がどのくらいかかるのか、無料お見積もりをご依頼ください!

価格も施工品質も失敗しないエコキュート選びを始めませんか?ネット最安値の見積りを手に入れる