蓄電池駆け込み寺

蓄電池はつけるべきか。蓄電池をつけるメリットと導入のタイミングを徹底解説

蓄電池はつけるべきか。蓄電池をつけるメリットと導入のタイミングを徹底解説

蓄電池の導入を検討する際には誰でも「蓄電池は本当に必要?」と考えてしまうでしょう。それもそのはず、蓄電池は容量によっても価格が異なりますが、最低でも工事費を含めて100万円以上する高い買い物になるからです。

しかし近年では、蓄電池の販売台数が年々増えています。この傾向は蓄電池設置による経済的なメリットがある事と、緊急災害時の対策をするご家庭が増えているからです。

蓄電池の導入を検討しているなら、こちらのページで蓄電池に対する正しい知識を取り入れてベストなタイミングで賢くお得に購入していただければ幸いです。

蓄電池はつけるべき?それとも不要?蓄電池のメリットとは

蓄電池の導入を検討される際に、一番最初に悩むのは蓄電池をつける必要があるのか。それとも不要なのかという事です。ここからは蓄電池のメリットをわかりやすく解説していきます。

【メリット1】蓄電池最大のメリットは電気代を削減出来る

【メリット1】蓄電池最大のメリットは電気代を削減出来る

蓄電池を設置する事で電気代を軽減する事が可能です。電力料金が安く設定されている深夜の電力を夜のうちに蓄電池に貯めておいて、電力料金が高く設定されている昼間に使用する事で毎月の電気代を確実に安くする事が出来ます。

POINT深夜帯の価格の安い電力を蓄電池に蓄えて昼間に使えば電気代金を安くする事が可能

【メリット2】災害などで停電が発生した時でも蓄電池があれば電力を確保出来る

【メリット2】災害などで停電が発生した時でも蓄電池があれば電力を確保出来る

蓄電池には、特定負荷型全負荷型がありますが、どちらも自宅に電力を供給してくれるので災害時でも家電、照明などを使用する事が可能です。つまり蓄電池は非常用電源になるという事です。

特定負荷型蓄電池と全負荷型蓄電池の違いは以下の通りです。

特定負荷型蓄電池
  • 予め設定したエリアにのみ電力を供給するので、すべての家電を使う事が出来ません。
  • 蓄電容量が小さいものが多い
  • 全負荷型に比べて価格が安価
  • いろいろなメーカーのラインナップから選ぶ事が出来る
全負荷型蓄電池
  • 家全体に電力の供給が可能。すべての家電が使用可能。
  • 蓄電容量が大きい
  • 特定負荷型に比べて価格が高額

ここ10年でも、大規模な停電が日本で発生していますが、そのような非常時にも蓄電池があれば安心です。

POINT災害時のいざという時に、蓄電池は非常用電源として大活躍。あなたのご自宅を明るく照らしてくれます。

【メリット3】太陽光で発電した電気を蓄電池に蓄えて自家消費出来る

【メリット3】太陽光で発電した電気を蓄電池に蓄えて自家消費出来る

家庭用の太陽光発電は作った電力を自宅で消費し、使いきれなかった余剰電力を電力会社に売電するという仕組みになっています。太陽光発電で作った電力はこれまでは固定価格買取制度により、電力会社へ高い価格で売電が出来ていましたが、

それに対して蓄電池と太陽光発電を組み合わせた場合は、太陽光発電で作った電力を電力会社に売電する事なく家庭用蓄電池にためて自家消費する事が出来ます。

POINT太陽光発電と蓄電池の組み合わせは、まさに電力を自給自足出来る最高の組み合わせ

蓄電池をつけるベストなタイミングとは?

蓄電池をつけるベストなタイミングとは

蓄電池をどのようなタイミングでつければ良いか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

その中でも一番導入を悩んでおられるのはご自宅に太陽光発電が設置されている方かと思います。太陽光で発電した電力は、そのままでは蓄えて使う事が出来ません。自宅に給電しすぐに使用するか、もしくは電力会社に余った電力を売電するかの2つのどちらかになります。

これまでは固定価格買取制度によって家庭用の太陽光発電で作った電力を高く買ってもらう事が出来ていましたが、この固定価格買取制度は2019年より順次終了しています。今後は電力会社の電力買取価格が大幅に安くなる為、太陽光発電の恩恵を受ける事は難しくなってしまいました。

そんな時に太陽光で作った電力を蓄えて使う事が出来る「蓄電池」があるととても便利です。

太陽光を設置しているなら蓄電池を導入で、ご自宅で電力の自給自足のシステムを作る事が出来ます。太陽光で発電した電力を蓄電池に蓄える事が出来るので、太陽光の発電が止まる夜間に電気を買わずにすみますし、さらに余剰電力も安い価格で電力会社に売る必要もなくなります。

蓄電池は決して安くはありませんが、太陽光発電をお持ちでしたら固定価格買取制度が終了の2019年以降、売電価格が下がった時が蓄電池購入の最適なタイミングでしょう。

POINTFIT(固定価格買取制度)が終了する時期、つまり売電価格が安くなってしまう時に蓄電池を導入するのが賢いタイミング

都道府県別の蓄電池補助金を利用する事でさらにお得に購入出来ます

2021年度版 各都道府県別の蓄電池導入補助金一覧

また、蓄電池の導入には国からの補助金などを利用する事でお得に購入する事が出来ます。以下が蓄電池補助金のリンクです。

まとめ

今回は、蓄電池はつけるべきか。蓄電池のメリットと導入の最適なタイミングをご紹介させていただきました。
蓄電池を導入する事で経済的メリットはもちろん、災害時の対策としてもおすすめです。また各都道府県別の蓄電池補助金を利用する事も出来ますので蓄電池のみの導入を検討されている方は今がベストなタイミングといえるでしょう。

蓄電池のメリット

  1. 蓄電池最大のメリットは電気代を削減出来る
  2. 災害などで停電が発生した時でも蓄電池があれば電力を確保出来る
  3. 太陽光で発電した電気を蓄電池に蓄えて自家消費出来る

太陽光発電がある方の蓄電池をつけるベストなタイミング

太陽光をすでにお持ちの方なら固定価格買取制度が終了の2019年以降、売電価格が下がった時が蓄電池購入の最適なタイミングでしょう。蓄電池のみの購入を検討されている方は、太陽光発電と一緒に導入されると電力を自給自足出来るようになるので長い期間で見ると経済的なメリットがとても大きくなります。

エコ電気サービス株式会社では、太陽光発電・蓄電池のご相談・導入に伴う費用対効果などのシュミレーションも行っております。迅速なご回答・丁寧・適正価格をお約束。お問い合わせ・ご相談・お見積りは以下より承っておりますのでお気軽にご連絡下さい。

k家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら
お申込みから設置までの流れ 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら 蓄電池の駆け込み価格無料見積はこちら

無料資料:蓄電池購入完全ガイドブック

2021年になった今でもご家庭の電気使用量・売電量をないがしろにしたり、

電気代がタダ同然になる等とうそぶき、蓄電池を高額で売りつける

悪徳販売業者が後を絶ちません。

そこで、少しでも悪徳業者の被害を減らす為に

エコ電気サービス株式会社では「蓄電池購入完全ガイドブック」を作成し、

皆さまに無料で配布しています。

本書には

  • 悪徳業者の見極め方
  • 悪徳業者チェックリスト
  • 蓄電池の選び方

など、蓄電池の導入時に欠かせない知識が網羅されています。

ぜひ、お手に取っていただき蓄電池の導入にご活用ください。