エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

家庭用蓄電池のリースと購入の違いとは?どちらがお得?

家庭用蓄電池のリースと購入の違いとは?どちらがお得?

蓄電池とは、太陽光発電設備などで発電した電力を消費・売電するだけでなく、使わない分を貯めることが可能になる設備です。

貯めた電力は発電ができない夜間や災害時にも使うことができるため大変便利です。

しかし、蓄電池の導入には初期費用がかかるため、躊躇している方もいらっしゃるでしょう。

実は蓄電池は購入するという方法以外にも、リースで導入する方法もあります。

そこで今回は、蓄電池の導入にあたって、購入とリースの違いや比較ポイントなどをご紹介します。

この記事のタップできる目次

蓄電池リースと購入の基本を比較

蓄電池リースと購入の基本を比較

蓄電池を導入する方法として購入とリースの2つが挙げられます。

ここからは蓄電池の導入方法として、リースと購入の基本的な情報やメリット・デメリットをご紹介します。

蓄電池リースとは何か?基本的な解説と選ぶメリット

蓄電池リースとは、月額の固定のリース料金で蓄電池を利用できるサービスです。

購入の場合は、蓄電池本体の購入費用や工事費など設置に関わる諸々の費用が初期費用として必要になります。

蓄電池リースの場合はそれらの料金を分割し、月額料金に含めて請求するため、蓄電池の導入に必要なのは月額料金のみとなります。

また、月額料金は変動せず固定の場合が多いため、支出の計算がしやすく、家計への影響を確認しやすい点がメリットです。

しかし、契約期間は10~15年で中途解約は原則できないと定めているリース会社が多く、すぐに解約することは困難であるため、理解したうえで契約に進めると安心して利用できるでしょう。

蓄電池の購入のメリットとデメリット

購入して蓄電池を設置した場合のメリットは、導入する蓄電池を自由に選べるということです。

メーカーはもちろん、モデルや性能、容量など、色々な要素を比較してベストな蓄電池を選ぶことができます。

蓄電池リースの場合、リース会社によって蓄電池のメーカーやモデルが指定されることが多いです。

リースで選べる蓄電池は購入する場合と比べて少なくなるため、こだわりたい方は購入する方が良いでしょう。

一方で、購入のデメリットとして、本体の購入費や工事費など初期費用が多くかかる点が挙げられます。

メンテナンス費用は保証により無料で済む場合もありますが、状況によっては別途必要になります。

そのため、万が一蓄電池が故障したり不具合があったりした場合には、初期費用以外にも大きな費用が発生するリスクがあるのです。

リースと購入のコスト比較:初期費用から長期的な負担まで

蓄電池の導入にあたりリースと購入を比較する際には、トータルでかかるコストを比較することも重要です。

ここでは蓄電容量9kWhの蓄電池にかかる目安の費用を参考に、リースと購入にかかるコストを比較していきましょう。

リースで9kWhの蓄電池を10年間利用した場合、総費用は約250万円です。

一方で、9kWhの蓄電池を購入して導入した場合、本体料金や工事費などがかかり200万円から250万円ほどになるでしょう。

また、故障などのトラブルがあった場合、購入の場合だとメンテナンス費用は別途必要になりますが、リースの場合は月々のリース費用に含まれていることが多いです。

このように蓄電池を購入する場合は、販売店によって総費用が異なる点に注意が必要です。

そのため、蓄電池のリースや購入を検討される場合は、月々の費用に加えて、メンテナンスなども含めた総費用を把握するようにしましょう。

蓄電池リースにおける費用を解説

蓄電池リースにおける費用を解説

購入した場合と比較して蓄電池をリースで導入すると決めた際には、具体的にかかる費用を知っておきたいでしょう。

そこでリースで導入する際に発生する費用や費用を抑える方法など、蓄電池のリースおける費用について解説します。

リースの月額料金とその他の発生する費用

リースの利用にかかる費用は月額料金のみという考え方が一般的ですが、その月額料金は様々な費用を含めて計算されています。

例えば、本体の費用や工事費、定期的な点検や部品整備に関わるメンテナンス費用など、蓄電池の運用に欠かせない費用の多くが月額料金に含まれるのです。

月額料金は設置する蓄電池や工事内容によっても変動しますが、目安としては最大で数万円を提示するリース会社が多いでしょう。

そして、料金を考えるうえで注意が必要なのはリース料金に含まれないイレギュラーな費用です。

例えば、途中で解約する場合の違約金や故意・過失・災害による故障の修理などが挙げられるでしょう。

設置費用とメンテナンスの必要性

蓄電池本体の価格はもちろん、設置に必要な工事の費用など様々な費用を分割して計算し、リースの月額料金が決まります。

蓄電池の設置にかかる費用は容量によって100〜200万円前後が必要です。

次にリースの月額料金にはメンテナンス費用も含めて計算されています。

蓄電池は10年以上の長期間で使用していくのが一般的で、長期利用にあたって不具合が起きてないか、定期的な点検が必要な蓄電池もあります。

そのため、蓄電池の利用においてメンテナンスは欠かせません。

補助金と税制優遇を利用したコスト削減

蓄電池の導入には、補助金や税制優遇を利用できる場合があります。

例えば、国からはDR補助金をはじめ、蓄電池の導入に関する補助金を交付する制度が実施されています。

しかし、これらの補助金制度は購入した場合に限定されているものがほとんどです。

現時点では蓄電池リースで活用できる補助金制度は実施されておらず、リース利用者に直接補助金が交付されることはないと考えておきましょう。

また、中小企業を対象に、蓄電池や太陽光発電機を設置する時の税制優遇制度も実施されています。

該当する設備の費用をその年の経費に計上できたり、資本金に応じた税額の控除が受けられる制度です。

適用される企業の条件なども細かく定められているほか、あくまで企業を対象にしたものであるということに注意が必要です。

蓄電池リースの契約期間

蓄電池リースの契約期間

蓄電池リースは、一定の契約期間が決められており、契約期間が終われば解約できるほか、必要に応じて契約を続けることも可能です。

ここからは一般的な蓄電池リースの契約期間についてご紹介します。

標準的な契約期間とその選択肢

蓄電池リースの契約期間は、プランやリース会社によって変わりますが、一般的に10年から15年とされています。

どちらかの期間のみの契約の場合もあれば、選択肢として10年契約か15年契約か提示されるケースもあるなど、リース会社によって様々です。

リース契約の場合は定めた期間内に解約すると、中途解約になり違約金が発生する場合もあるため、期間も含めて家計の負担にならないかをよく考えてから契約すると安心です。

保証と修理:リース契約における安心のポイント

購入で蓄電池を設置した場合、メーカーの保証期間が過ぎると修理費用はユーザーの負担になるケースが多いです。

また、発生した故障が保証の対象外になるケースもあります。

一方、リース契約の場合は、月額料金の中に保証や修理に関する費用が含まれているのが一般的です。

そのため、修理が必要になった時には追加で費用を負担する必要はありません。

家庭用蓄電池リースの選び方ガイド

家庭用蓄電池リースの選び方ガイド

一口に蓄電池リースといっても、リースで利用できる家庭用蓄電池の選択肢はリース会社によって様々です。

そこでここから家庭用蓄電池の選び方についてご紹介します。

家庭用蓄電池の選び方:容量と出力のバランス

家庭用蓄電池を選ぶ際には、蓄電池の蓄電容量と出力が用途に合ったバランスになっているかを確認することが大切です。

蓄電容量は一度に蓄えられる電気の量を示しており、出力は一度に供給できる電力の大きさを示しています。

この2つの要素が用途に見合ったものになっていないと、想定した使い方ができないといった不具合が起こります。

また、災害時の備えとして導入する場合も、容量が少ないものを選んだことで停電時の不足を補えなかったというトラブルも考えられるでしょう。

そのため、家庭で消費している電力量と照らし合わせて検討することが重要です。

市町村や地域による補助金の違い

蓄電池に関する補助金で現状、個人による蓄電池リースで利用できるものは実施されていません。

しかし、購入に関しては多くの市町村や自治体で補助金制度を設けているため、購入を検討している際には積極的に活用していきましょう。

事前にお住まいの地域で蓄電池に関する補助金にどんなものがあるのか調べてみることをおすすめします。

太陽光発電と組み合わせるメリット

家庭用蓄電池には太陽光発電と組み合わせて運用する製品も存在します。

例えば、パナソニックが販売している創蓄連携システムのシリーズは、太陽光発電と蓄電池の連携を前提とした製品です。

日中は太陽光発電設備が発電した電力を消費して、余った分は蓄電や売電を行います。

そして、発電ができない夜には蓄電しておいた電力を消費することで、買う電力を減らすことができる仕組みです。

このように無駄なく電力を活かすことができるのは、太陽光発電設備と蓄電池を組み合わせることで得られるメリットだといえるでしょう。

リース会社の選び方と比較ポイント

リース会社の選び方と比較ポイント

リース会社を選ぶ際には、契約期間やプランなど、リース会社の様々な情報を確認した上で決定することが大切です。

そこでここからは、具体的なプランやチェックするべきポイントなどをご紹介します。

リースプランの紹介:中国電力

中国電力は、鳥取県や島根県などの中国5県を対象にした電力会社ですが、電力供給と合わせて蓄電池や太陽光発電のリースサービスも提供しています。

サービス名は「あっと!電化パック」で、契約期間中の無料修理保証があるほか、契約期間満了後にはリース設備の無償譲渡も行っているのが特徴です。

参考:中国電力「(あっと!電化パック)電化機器のリース

リースプランの紹介:九州電力

九州電力は福岡県や佐賀県といった九州圏に電力供給を行う会社ですが、中国電力と同様リースサービスを展開しています。

九州電力で提供されているリースサービスは「九電スマートリース」です。

蓄電池やIHクッキングヒーターなどの機器を、初期費用0円でのリースできるようになっています。

台風や豪雨などによる故障にも無償で修理対応があったり、遠隔監視機器つきでトラブルに気づきやすかったりと、あると嬉しい要素が多数あるリースサービスといえます。

参考:九電スマートリース「卒FIT後の最適提案始めました

会社の信頼性と顧客評価

リース会社はそれぞれで様々なプランを展開していますが、契約を結ぶ前に会社の信頼性や顧客評価も調べておくと安心です。

例えば、前述の中国電力や九州電力は地域の電力会社として長年運営されており、信頼性の面では十分といえます。

また、顧客評価としても多様な物事への保証があるので安心できる、大容量の蓄電池が設置できてうれしいなどの評価を得ているサービスです。

会社によってはお客様の声を公開していることもあるので、会社選びの参考にすると良いでしょう。

解約条件と違約金の確認

蓄電池リースの契約を結ぶ前には、解約の条件や違約金などについても確認しておくと安心です。

例えば、中国電力の「あっと!電化パック」ではリース期間は10年間で、リース期間中の解約は原則できないと明記されています。

もし、中途解約をする場合は残った契約期間分の料金を請求されるなどの可能性も考えられるため、契約前によく確認しておきましょう。

太陽光発電と蓄電池リースの組み合わせ効果

太陽光発電と蓄電池リースの組み合わせ効果

蓄電池を導入する方の中には、太陽光発電設備は導入しない方もいます。

しかし、蓄電池は太陽光発電と組み合わせることで、より多くのメリットを得られることはご存知でしょうか。

ここからは太陽光発電と蓄電池リースの組み合わせで得られるメリットについてご紹介します。

システムの統合と運用のシンプル化

太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで、エネルギー管理が一元化されるため、運用がシンプルになるというメリットがあります。

電力を効率的に運用できるようになるため、無駄を削減することに繋がります。

しかし、蓄電池のみあるいは太陽光発電設備のみで運用する場合、それぞれが単独で機能することになります。

そのため、蓄電もしくは発電のメリットしか得られません。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムでは、発電と蓄電が一元管理されるため、電力の需要と供給のバランスをより効率的に管理できます。

これにより、電力の無駄が減り、エネルギー利用の効率が向上するのです。

太陽光発電を利用した蓄電池の効率的な充電

蓄電池に効率的な充電ができることが、太陽光発電と蓄電池を組み合わせることのメリットの1つです。

まず、蓄電池と合わせて運用することで、太陽光発電で発電した電力を即時に蓄電池に充電することが可能です。

太陽光発電で得た電力を消費・売電するだけでなく、後から必要に応じて使用するために蓄えておくことができるのです。

例えば、悪天候で発電できない日や夜などの発電できないタイミングに蓄電池から電力を供給させることができます。

蓄電池と併用することで状況に応じた発電・蓄電設備の運用ができるため、安定した電力供給を実現することが可能です。

電力の自家消費と売電のバランスの最適化

電力の自家消費と売電のバランスを最適化できる点も、太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットです。

蓄電池と組み合わせることで、自家消費と余剰分による蓄電池への充電、蓄電池が満タンになった際には売電と、電力の運用や売電を最適化することが可能です。

電力の自家消費を最大化し、電気料金の節約をするとともに売電による収入を得ることができるようになるのです。

蓄電池リースの導入事例

蓄電池リースの導入事例

蓄電池リースを導入する際、成功事例やリピート率などの実例を目にすることで、ご家庭の状況に合っているのか判断することができるでしょう。

そこでここからは、具体的な成功事例や顧客の体験談をご紹介します。

導入事例の紹介とその影響

家庭・企業を問わず蓄電池を導入した例は多数あります。

例えば、ある工場にて、照明や空調などの電力消費量を削減するべく、蓄電池や太陽光発電をリースで導入された例があります。

その結果、年間平均CO2削減率が40%以上という成功にも繋がりました。

また、農業・農村地域にてリースにより太陽光発電と蓄電池を導入された例もあります。

農業用の電力の安定した供給や災害時にも農業ができるという成功に繋がった実例です。

参考:環境省「自家消費型太陽光発電・蓄電池の導入事例集

参考:環境省「事例集 第三者所有モデルによる太陽光発電設備導入の手引き 付属資料

リースを通じた問題点とその解決策

初期費用を抑えて蓄電池を導入できるリース契約ですが、いくつかの問題点も存在します。

例えば、リース契約の多くが長期的な契約となるため、途中解約の際に違約金が発生するリスクです。

また、災害時の故障が月額料金内のメンテナンス費用の対象にならず、別途費用が発生するケースもあります。

そして、リースの場合は会社指定のものを活用するため、古い機器を長期にわたって使い続けることになる可能性もあります。

一つ目の解決策としては、リース契約前に内容を精査し、違約金や追加費用について詳しく確認することです。

また、故障への対応に関しても契約前にどこまで保証が適用されるのか、入念に確認の上契約を結ぶと安心できます。

蓄電池リースの注意点

蓄電池リースの注意点

蓄電池リースの契約をする際には、契約書をよく読み、法的な要素や注意点を理解しておくことも重要です。

想定と違ったと思っても契約の破棄は難しいため、契約を結ぶ前に法的な要素や契約内容をしっかり確認しておくことが重要です。

そこでここからは契約前に知っておきたいポイントなどについてご紹介します。

リース契約における法的保護とは何か

蓄電池リース契約には、顧客を保護するための様々な法的措置が講じられています。

消費者保護法などの適用により、顧客は不当な契約条件を避けることができるため、説明なく料金を変更することも、強制的な契約を進めることはできない仕組みです。

また、契約に進む際にもリース会社には契約や解約に関わる条件やプランの内容などを明確に伝える義務もあります。

そのため、一般的な会社であれば、説明が不足したままに契約に進めることはないといえるでしょう。

自身も契約内容を十分に理解してから契約を結び、身を守れるようにしておくと安心です。

重要な契約条項とその解説

リース契約を結ぶ際にはいくつかの重要な契約条項にも注意が必要です。

例えば、蓄電池のリース期間は長期にわたることが多く、中途解約は原則としてできない、解約する場合は違約金を請求すると定められていることが多くあるため、事前に確認しましょう。

また、蓄電池にトラブルが発生した際に迅速な対応がしてもらえるかという点も重要事項です。

蓄電池リースの多くがメンテナンス費用も含めた月額料金を請求しますが、メンテナンス内容は会社によって様々です。

定期的なメンテナンスから突発的なトラブルにも対応するリース会社もあれば、定期点検のみ対応と明示しているリース会社もあります。

そのため、対応しているトラブルやメンテナンスなどについてチェックすることが大切です。

契約更新と終了の方法

蓄電池のリース契約の更新、または終了に関する事項も注意が必要です。

なぜなら、リース会社によって契約期間終了後の対応がそれぞれ異なるためです。

一般的には更新の際に料金の変更や新たな条件が盛り込まれる場合は、改めて提示されることが多いです。

それを確認せず更新してしまうと、料金が上昇しているなど不利な条件が含まれていることも考えられるでしょう。

また、契約終了に関しては、更新に関する連絡がきた際に継続しない旨を適切に伝えておきましょう。

リースの場合は契約終了後に、蓄電池の返却といった手続きが発生することがあります。

契約書などに返却の際の条件や対応が明示されている場合がほとんどのため、事前に確認してスムーズな手続きができるように準備ができると安心です。

最近では、リース期間満了後には契約者にそのまま譲渡されることが多くなっています。

最新の蓄電システム技術と市場の動向

最新の蓄電システム技術と市場の動向

蓄電池のリースや購入を検討している方の中には、最新の蓄電システムについて知りたいという方もいるのではないでしょうか。

ここからは市場動向や最新の蓄電システムについてご紹介しますので、最適な蓄電池を選ぶのに役立てみてください。

市場における最新の蓄電システムのトレンド

最新の蓄電システムとして注目を浴びているのが、エネルギー効率の向上とスマート技術の導入です。

例えば、リチウムイオン電池はエネルギー密度が高く、充放電サイクルの回数も従来の鉛蓄電池に比べて多いことから、家庭用蓄電池としても活用されています。

そこにAIやIoT技術を組み合わせることで、蓄電池の充放電を最適なバランスに管理してエネルギー効率を高めることに成功しているのです。

手動で設定を変える必要がない、電気使用量に合わせた運用をAIが行うため経済的に使えるなど、ユーザーの利便性を向上させることに役立っています。

蓄電技術の進化と家庭用蓄電池における影響

前述のとおり最新の技術が活かされている蓄電池ですが、当然家庭用蓄電池にも大きな影響を与えています。

例えば、エネルギー効率のいいリチウムイオン電池を家庭用蓄電池にも活用したことで、小型化や高効率化に成功しました。

小型化して設置スペースの制約が少なくなったことで、屋内設置ができたり、狭いスペースに設置ができたりと、多くの家庭で導入が簡単になりました。

新機種と既存機種の性能比較

既存機種には設置スペースの制約が多い場合があるものの、デメリットばかりではありません。

なぜなら、AIを活用する最新機種の場合、他の蓄電池と比べると価格が高い傾向にあるからです。

また、リース会社では最新機種を選べないケースもあるため、リース契約を検討している場合にはAIを活用できないことも考えられます。

コストを抑えたい、設置スペースにこだわりがないという方は、既存の蓄電池も選択肢になるでしょう。

しかし、価格やリースで扱われにくいという場合を除くと、最新の蓄電池は魅力的な面が多いです。

例えば、新機種の多くはリチウムイオン電池を採用しているため、エネルギー効率が良いというメリットがあります。

長期的な使用にも耐え、節電や売電で活用できるため、経済的に有利な面が大きいです。

用途や現在の自身の状況などを鑑みて、機種を選ぶことが大切です。

家庭用蓄電池のリースと購入の違いとは?まとめ

今回は家庭用蓄電池のリースと購入の違いについて解説しました。

蓄電池のリースを考える上で重要なポイントは、月々のリース費用はもちろん、保証やメンテナンス内容、解約金の有無などがあります。

以下の今回の内容をまとめました。

蓄電池リースは大手メーカーや電力会社が実施しているケースもあり、安心感のあるサービスです。

その一方で、購入する場合と比べて多少割増になっている場合があります。

複数の業者に相談することでリースに比べて数十万円も安くなることもあるでしょう。

そのような手間をかけずに、蓄電池を導入したい場合は、蓄電池リースがおすすめです。

蓄電池・太陽光発電の導入はエコ電気サービスにお任せ下さい

蓄電池・太陽光発電のお見積りはエコ電気サービス株式会社にお任せ下さい

エコ電気サービスでは、蓄電池のリースは取り扱いがありません。

しかし、取り扱いのある蓄電池や太陽光発電など、全ての商品を適正価格でご案内することをお約束しています。

蓄電池のメーカーなどがお決まりでない場合、専任の担当者が一緒にメーカーを選定しますので、ご安心ください。

また、訪問販売が来てその場で契約してしまったなど、お急ぎの場合はお電話でのご相談が便利です。

スマートフォンをお使いであれば番号をタップしていただくだけで発信できます。

このページの下部より簡単にお問い合わせできます、お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

家庭用蓄電池を50万円以上お得に買う方法 お手元の見積りと見比べる
絶対失敗しない蓄電池の購入方法 蓄電池購入完全ガイドブック 無料ダウンロードはこちら

蓄電池・太陽光発電・V2H・エコキュート施工対応エリア

東北エリア
#宮城
#福島
中部エリア
#富山
#石川
#福井
#山梨
#長野
#岐阜
#静岡
#愛知
関東エリア
#東京
#千葉
#埼玉
#神奈川
#群馬
#茨城
関西エリア
#大阪
#兵庫
#京都
#滋賀
#奈良
#三重
#和歌山
中国エリア
#鳥取
#島根
#岡山
#広島
#山口
四国エリア
#徳島
#香川
#愛媛
#高知