エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

エコキュートの交換時期の目安を知りたい!壊れてなくても交換はするべき?

エコキュートの交換時期の目安を知りたい!壊れてなくても交換するべき?

エコキュートを使う中でいずれは考えなくてはならないのが、買い替えです。設置からどれくらいのタイミングで交換すべきか、交換のサインはあるのか……出費が必要な生活必需品ですから、ある程度交換タイミングの目処を立てておきたいですよね。

今回は、エコキュートの交換時期の目安や交換のサインに関するお役立ち情報をまとめていきます。

2代目、3代目エコキュートへの交換を考えている方も、これからエコキュートの導入を検討している方も、ぜひ参考にしてください。

エコキュートの登場と普及

世界で初めて販売されたコロナ製のエコキュート

エコキュートは大手給湯器メーカー「コロナ」より、2001年に世界で初めて発売されました。販売開始から20年以上が経つ現在、当時エコキュートを導入したご家庭では既に耐用年数を超え、少なくとも1度は買い替えを済ませているのではないでしょうか。

発売初年度のエコキュート出荷台数は6,000台程度でしたが、2007年度には累計出荷台数100万台を突破、2020年7月には700万台突破と大きく数を伸ばしてきました。

タンクの小型化により従来に比べ省スペースで設置可能になり、床暖房などの多様な機能を備えた機種が多くラインナップされるなど、今も各メーカーが更なる開発を進めています。

かつてのモデルから最新モデルへの買い替えには、こうした性能面から機種を選ぶ楽しみも増えています。

給湯器の耐用年数

エアコンや冷蔵庫などお家の設備や家電と同じように、給湯器にも耐用年数があり、定期的な買い替えが必要です。それでは給湯器の耐用年数を種類別に見ていきましょう。

ガス給湯器の耐用年数

ガス給湯器の耐用年数

ガス給湯器は標準使用期間が10年、寿命は10〜15年とされています。標準使用期間を過ぎた際には、安全な使用のため点検・取り替えが推奨されています。

推奨される以上の長期間使用を続けると、経年劣化に起因するやけどや発火、ガスを使用していることから一酸化炭素中毒のおそれがあります。

電気温水器の耐用年数

電気温水器の耐用年数

こちらもガス給湯器と同様に、寿命の目安は10〜15年とされています。

10年が経過すると不具合が出やすくなりますが、劣化しやすい消耗品パーツをこまめに交換してメンテナンスしてあげると、より長持ちします。

エコキュートの耐用年数

エコキュートの耐用年数

エコキュートはヒートポンプと貯湯タンクでそれぞれ耐用年数が異なります。お湯をあたためる役割を持つヒートポンプの寿命は5〜10年程度、お湯を貯めておく貯湯タンクの寿命は10〜15年程度とされています。

組み込まれた電子回路に経年による故障が生じやすいことから、ヒートポンプの方が耐用年数が短いという特徴がありますが、総合的に見た寿命はほかの給湯器と同程度です。
  
なお、ダイキンでは「交換用ヒートポンプユニット」が単品で販売されており、先に寿命を迎えてしまうことの多いヒートポンプを安く素早く交換することができます。

あたたかいシャワーのアイコン

ここに挙げた耐用年数はあくまで目安です。設置環境や使用状況などにより、7〜8年ほどで故障してしまうこともあれば、20年間同じ給湯器を使うことができた、というケースもあります。

エコキュート交換時期の目安

エコキュートを含む給湯器のおおよその寿命は10年程度であることが分かりました。では、より細かく交換のタイミングが分かる機器のサインについて見ていきましょう。

こんな症状はエコキュート交換のサイン

エクスクラメーションマーク

エコキュート故障の前触れとして、こうした症状が現れることがあります。こうした細かな不具合が発生したなら、いつお湯が出なくなってもおかしくない……そんな状態であるとも言えます。

エコキュートの製品保証

製品保証のイメージ

なお、上記の交換サインと同じ症状が出たからといって必ずしも買い替えなければいけないというわけではありません。メーカーの保証期間内であれば、無償で部品交換をしてもらえる可能性もあります。

メーカーの定める無償保証期間または有償延長保証期間を過ぎていないのであれば、まずはメーカーまたはエコキュートを設置した工事店へ問い合わせてみてください。

また、これからエコキュートを買い替える・新たに導入するという方は、是非機器の延長保証への加入をご検討ください。

 各メーカーのエコキュート延長保証 (税込)

ダイキン 10年 30,800円
パナソニック 5年
8年
10年
11,524円
25,666円
29,700円
三菱電機 5年
8年
10年
11,880円
25,562円
31,220円
東芝 8年
10年
18,700円
26,400円

エコキュートが壊れていなくても交換するべき?

疑問を浮かべる4人家族

「たまにエラーが出るけど、今はまだ問題なく使えている」「設置から10年以上経って保証も切れてて、いつ不具合が出てもおかしくない」

このような場合でも、エコキュートは交換するべきなのでしょうか?

最新機種は性能が大幅にアップしている

エコキュートは普及に伴い、技術開発の面でも大きな発展を遂げています。

エネルギー効率の低い古いモデルを騙し騙し使い続けるよりも、省エネ性能がずっと向上した最新モデルに買い替えたほうが、いつ壊れるかというストレスもなく、少ない電気でしっかりとお湯を使えるためおすすめです。

時期によっては工事スケジュールを抑えることが難しい

夏場にエアコンの需要が急上昇するように、秋〜冬にかけてはエコキュート交換の需要が特に高まる時期です。急に給湯器が故障してしまった場合、すぐに業者が交換に来れるとは限りません。

希望商品がすぐに手に入るとは限らない

また、昨今はコロナ禍による半導体不足の影響で、エコキュートの在庫が逼迫している状況でもあります。機種によってはすぐにご用意できる場合もありますが、納期が2〜3ヶ月待ちの機種もあります。

希望の機種をほしいタイミングで確実に手に入れるためにも、現在設置している給湯器が故障するのを待つのではなく、早めに交換を済ませておくことをおすすめします。

エコキュートは設置から10年を超えたら交換を検討したい

給湯器の工事をする工事スタッフ

エコキュートをはじめとする給湯器の耐用年数は10年程度であり、10年以上使い続けたエコキュートはいつ不具合が出てもおかしくありません。また、10年が経過している場合には延長保証も適用されません。

また、急にエコキュートを交換したいと思っても、希望の機種をすぐには確保できなかったり、時期や物流の状況により工事まで待たされてしまう可能性も考えられます。

突然お湯が使えなくなって不便な思いをしてしまうことのないよう、ぜひ余裕をもってエコキュートの交換を検討してください。

価格も施工品質も失敗しないエコキュート選びを始めませんか?ネット最安値の見積りを手に入れる