エコ電気サービス株式会社 太陽光発電・蓄電池のお見積り・ご相談はお気軽に!0120-134-300
search

エコキュートの凍結を予防する為の効果的な対策

エコキュートの凍結を予防する為の効果的な対策

冬場にエコキュートが故障する原因の1つに、配管の凍結があります。

エコキュートが凍結してしまうとお湯を使う事が出来なくなってしまいます。寒い冬場にお湯が使えなくなるのはとても大変ですよね。

そこで今回の記事では、エコキュートが凍結しないようにする為の効果的な対策をいくつかご紹介します。

これまで故障が多発していた場合や、これから新しいエコキュートを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のタップできる目次

エコキュート凍結防止設定の重要性

エコキュート凍結防止設定の重要性

まず、エコキュート凍結防止設定の重要性についてご紹介します。

メーカーにもよりますが、エコキュートにはいくつかの設定が備わっています。

使用開始時から適切な設定を行うことで、エコキュートを長く使用し続けることが可能です。

エコキュートを使用している方や、購入予定の方はぜひ参考にしてみてください。

機能維持のために必要な設定とは?

機能維持のために必要な設定とは?

エコキュートの機能を維持し続けるためには、使用していない時期に行う設定が重要です。

例えば2週間程度使用し続けない時期がある場合、沸き上げ休止機能の設定が必要です。

沸き上げ休止機能によって、お湯を無駄に沸かしてしまう状態にならないため、光熱費を抑えられます。

また、期間を設定しておけば、帰宅後でもすぐにお湯を使用できます。

そして、2週間以上の長期間使用し続けない場合は、水抜き作業も必要です。

不在前にエコキュート内のお湯を全て抜くことで、タンク内を清潔に維持し、凍結も防止することが可能です。

高効率運転のためのエコキュートの設定方法

42度に設定するのがおすすめです

エコキュートを効率的に運転するのにも、設定は非常に重要です。

最適な設定にすることで、エコキュートの性能をより引き出すことができます。

まず、お湯の温度設定を約40〜42度に設定するのがおすすめです。

快適な温度でお湯を使用できるのと同時に、無駄に熱を加える必要も無いため、節約にもつながります。

また、時間帯別に温度調整も行い、設備の負担を分散させることも重要です。

夜間や夕方の時間帯は給湯需要が上がるので、事前にタイマーを使用してお湯を予熱しておくと効果的です。

メーカーごとの凍結防止設定の違い

エコキュートの凍結防止設定は、メーカー毎に異なっているため、ここからはいくつかのメーカーの設定をご紹介します。

まず東芝の場合、浴槽配管に凍結防止ヒーターが設置されている時は、台所などにあるリモコンから運転設定を行います。

凍結の心配が無くなり次第、ヒーター電源プラグはコンセントから抜きましょう。

さらに、お湯を使用しなくなったタイミングで設定温度を27度にし、給湯栓を少し開けておいて水を流します。

できるかぎりお湯を流し続けることで、配管が凍結するのを防ぎます。

次に日立の場合、外気温が0度以下になると自動的に凍結防止運転に切り替わり、凍結防止中と表示されるので分かりやすいです。

また、凍結防止ヒーターがあれば、電源プラグをコンセントに挿して配管を温めます。

エコキュートの具体的な凍結防止設定

エコキュート凍結防止設定の具体的な方法

エコキュートの凍結を防止するための、具体的な方法をご紹介します。

日頃から取り組みやすい方法を中心にご紹介いたしますので、特に冬場に積雪量が多い地域に在住している方は、ぜひ参考にしてみてください。

残り湯を使った凍結防止

残り湯を使った凍結防止

エコキュートには基本設定として凍結防止機能が付いていますが、この機能は外気温が下がり凍結の可能性が高くなると、自動的に運転を開始します。

運転が始まると機械が自動的に残り湯を引き込んで、配管内にお湯を循環させます。

そのため、浴槽には残り湯を溜めたままにしておくことが重要です。

具体的には、循環口から10㎝以上の高さまでお湯を残しておくのが理想です。

残り湯の量が少ないとアラームが鳴るため、もし少ない場合は水を足して調整をしておきましょう。

ぬるま湯の活用方法

ゆるま湯の有効活用

これは、配管が凍ってしまった場合の対処方法になりますが、凍った配管にはぬるま湯をかけることで、少しでも早く解凍することが可能です。

重要なのは熱湯ではなくぬるま湯を使用することで、熱湯をかけて急激な温度変化が発生してしまうと、配管の調子が悪くなる可能性があります。

そのため、配管の上にタオルを当てて、その上からぬるま湯をかける方法が最も適切です。

ちなみに凍結しやすい配管は、貯湯タンクとヒートポンプユニットを結合している配管と、貯湯タンクと浴槽を結合している配管の2箇所です。

ヒーターや加熱管の設定温度について

配管が凍結しないように、ヒーターや加熱管を設置することもあります。

ヒーターは一般家庭でも購入しやすく、取り付けも簡単です。

機械によって設定温度は異なりますが、とあるヒーターは約3度以下になると運転が始まり、約10度以上になると運転が止まります。

長期間使用する予定が無い時期は、コンセントから抜いておくことが重要です。

エコキュート凍結防止設定の効果的な対策

エコキュート凍結防止設定

ここからは、エコキュート凍結防止設定の効果的な対策をいくつかご紹介します。

凍結防止には、設備の状態や所在地の状況に応じた対策を講じることが重要です。

ただ対策を行うだけでなく、方法の取捨選択もできるようになると、さらにエコキュートの性能を維持しやすくなるはずです。

配管やタンクの状態に応じた対策

エコキュートには、初期施工の段階で配管に断熱材が巻かれていることが多いです。

しかし、何重にも巻かれていても、凍ってしまうケースは少なくありません。

断熱材を巻いているからといって、必ず凍らない保証は無いため、上記でご紹介しているような対策も併せて行うことが重要です。

ちなみに、断熱材はホームセンターや通販などで簡単に手に入ります。

寒冷地仕様のエコキュートに必要な注意点

エコキュートには寒冷地仕様の設備もありますが、どの設備にするか選択する際には、いくつかの注意点があります。

まず給湯量を、ライフスタイルも加味しながら選ぶことが重要です。

タンク容量が大きくなるとタンク規模も大きくなりますが、室内にエコキュートを設置する場合は、設備の高さなども考慮しましょう。

給湯量は、少し余裕を持った容量にしておくと、安定してお湯を使い続けることができます。

また、メーカー独自の機能に注目して選ぶのも、手段の1つです。

例えばパナソニックの場合、寒冷地用のエコキュートはタンク容量が370〜460ℓまでと幅広く、ヒートポンプは外気温-25度まで耐えることが可能です。

異常気象時の凍結対策のポイント

異常気象時の凍結対策のポイント

冬場などにエコキュートの凍結が予想される時には、メーカーが事前にSNSなどから情報を発信している場合もあります。

水道管凍結予報や水道管凍結指数などをこまめに確認し、異常気象で凍結しやすい時には対策を講じておきましょう。

特に配管の凍結予防の場合は、前日からの準備が重要です。

エコキュート凍結防止設定の故障時の対処法

エコキュート凍結防止設定の故障時の対処法

ここからは、エコキュートが凍結で故障した時の対処法をご紹介します。

どんなに対策をしていても、エコキュートが故障してしまう可能性は0ではありません。

もしもの場合に備えて、対処法を把握しておきましょう。

エラーコードが表示された場合の対応方法

エラーコードが表示された場合の対応方法

エコキュートが凍結した場合、リモコンにエラー表示が出ることがあります。

その場合は、漏電遮断器を60秒以上オフにし、しばらく時間をあけてから再び漏電遮断器をオンにすると、エラーが解除されます。

その後、温度が上がるのを待ったり、ぬるま湯をかけたりして配管を解凍していきましょう。

窓口や業者にエコキュートの設置工事を依頼する際の注意事項

エコキュートが故障し、窓口や業者に依頼する際には、いくつかの注意事項があります。

まず、見積りは複数の業者に依頼するようにしましょう。

数社の見積りを比較することで、より価格が安い会社に依頼をすることができます。

しかし、価格の安さだけでなく、会社の質もよく確認しながら依頼先を選びましょう。

また、エコキュートは既存の配管をそのまま使用して、新しい設備と結合することができますが、その配管に問題が無いか確認してください。

ユニットやヒートポンプの破損を防ぐ方法

ユニットやヒートポンプの破損を防ぐ方法

エコキュートのユニットやポンプの破損を防ぐには、定期的に水抜きをすることが重要です。

ユニットとポンプに水が溜っていると内部が汚れ、お風呂を清潔に使用できなくなります。

さらに溜ってしまったゴミが要因で、配管やフィルターなどが劣化し、設備全体が故障しかねません。

そのため、ユニットやヒートポンプは、年2回程度水抜きをすることが推奨されています。

しかし、外気温が0度以下の場合、配管が凍結する恐れがあるので、水抜きは控えましょう。

エコキュート凍結防止設定から利用までの流れ

エコキュート凍結防止設定から利用までの流れ

ここからは、エコキュートの凍結防止設定を設置から利用までご紹介します。

いざ凍結防止設定を行おうとしても、どのようなことを行えば良いのか、分からない方は多いかと思います。

エコキュートの凍結にお悩みの方は、ぜひ以下を参考にしてみてください。

設置時の注意点とカバーの取り付け方法

エコキュートの凍結防止対策は、冬を迎える前までに終わらせておくことが重要です。

豪雪地帯はもちろん、雪があまり降らないような地域でも、冬場によく冷え込む場合は対策を行いましょう。

凍結防止対策の1つであるカバーを設置するには、まず保湿チューブ・配管保護テープ・カッターを準備します。

保湿チューブを配管の長さに合わせて切り、チューブの切り込みから配管を入れたらテープで仮止めをします。

その上から保護テープをできるかぎり隙間が無いように巻き付けたら完成です

日常の利用時における気をつけるべきポイント

エコキュートは基本的に夜間にお湯をタンクに溜めるので、夜間に動作音が出ます。

近隣への迷惑にならないように、住宅に近い場所へエコキュートを設置するのは避けましょう。

もしくは動作音を抑えるために、エコキュートの下に防振ゴムマットを敷いたり、防音シートを貼ったりするのもおすすめです。

入浴時のアクシデントを防ぐ効果的な対策

お風呂で入浴剤を使用している方もいらっしゃると思いますが、エコキュートを使用する場合には、入浴剤に気を付ける必要があります。

実はエコキュート利用時に、使用が禁止されているタイプの入浴剤が存在します。

主な特徴としては、にごりタイプ、硫黄・酸・アルカリ・塩分を多量に含むタイプ、薬草・ゆず・茎などの固形物タイプ、とろみタイプ、炭酸カルシウムを含むにごり湯タイプなどです。

これらの特徴をもつ入浴剤は、エコキュートの寿命を縮める可能性があるので、使用を控えましょう。

エコキュートの継続的なメンテナンス

エコキュートの継続的なメンテナンス

ここからは、エコキュートを長持ちさせるために必要なメンテナンスに関する情報をご紹介します。

毎日の利用時に気をつけるべきポイントや、定期的に行うべきメンテナンスなどについて説明します。

エコキュートは決して安い設備ではないので、寿命を少しでも延ばすためにぜひ以下を参考にしてみてください。

予防的な保温と残り湯の活用法

エコキュートを凍結から守るためには、ヒーターバンドなどで保温をすることが重要です。

ヒーターバンドとは、外気温が0度以下になると自動的に配管を温める装置です。

比較的安価で購入できる装置なので、寒い時期が長く続く地域は導入を検討してみてください。

また、凍結防止のフルオート機能があるエコキュートであれば、浴槽にお湯を残しておきましょう。

自動的にお湯が配管内を循環するので、凍結する可能性が低くなります。

定期的なエコキュート点検の重要性

定期的なエコキュート点検の重要性

エコキュートは、定期的に点検することが推奨されています。

点検を行わないと、故障の原因になりかねないので、完全に停止してしまう前に点検はこまめに行いましょう。

具体的には、1週間に1回浴槽フィルターの掃除、年に2〜3回タンクの水抜き・逃し弁の点検・漏電の点検、半年に1回配管の掃除などを行います。

カレンダーにメモをするなど、時期を忘れない工夫をしておくのがおすすめです。

故障を未然に防ぐための日常的なケア方法

その他にも、エコキュートの故障を未然に防ぐためのケア方法がいくつかあります。

まず、水程度の温度にした状態で、少しだけ水を出し続けましょう。

水が流れ続けていると、配管が凍結する可能性が低くなります。

水量は、1分間にコップ1杯分の水が流れ出るくらいが目安です。

また、エコキュートに凍結予防運転機能が搭載されている場合は、必ず設定をオンにしておきましょう。

エコキュート凍結防止設定の解説動画や資料の活用

エコキュート凍結防止設定の解説動画や資料の活用

ここからは、エコキュートの凍結防止対策をよく理解するための、解説動画や資料をご紹介します。

文章だけではよく分からなかった方や、より深く知りたい方などは、ぜひ以下でご紹介する動画・資料をご活用ください。

また、対策に役立つアイテムなどもご紹介します。

解凍時の役立つ動画や説明書

まず、エコキュートを解凍したい時や、凍結を予防したい時などに役立つ動画をご紹介します。

こちらは、三菱電機公式から出ている、凍結でお湯・水が出ない時に役立つ動画です。

実際の設備の動画・画像で、分かりやすく説明されています。

また、こちらの動画はパナソニックから出ている凍結予防の動画です。

本格的な冬場に入る前に、ぜひこの動画を確認してみてください。

パナソニックのエコキュートを使用している方は、こちらのよくある質問集も参考にしてみてください。

https://x.gd/tKXHx

設定方法や凍結対策に関する質問と回答

設定方法や凍結対策に関する質問と回答

エコキュートの凍結対策に関しては、各メーカーのホームページにて公開されている、よくある質問と回答に目を通すことをおすすめします。

配管が凍結した場合の対処方法について解説しているケースは多いです。

例えば、配管が凍結している可能性がある場合は、外気温が上昇し自然に解けるまで待つ、などの対策が書かれています。

直接メーカーに問い合わせる前に、この質問と回答で解決することもあるため、まずはチェックしてみましょう。

コンビニエンスストアやホームセンターで手に入る必要アイテム

コンビニエンスストアやホームセンターで手に入る必要アイテム

凍結防止対策を行う時に必要になるアイテムは、コンビニエンスストアやホームセンターで手に入る可能性があります。

例えば、ヒーターバンドと呼ばれる凍結防止用ヒーター、配管に巻く保温テープや保温チューブ、そして保温チューブを固定する時に使う配管保護テープ、などがあります。

また、通販サイトでも気軽に購入できるので、思い立ったら即日実行することも可能です。

エコキュート凍結を未然に防ぐ為の効果的な情報源

エコキュート凍結防止設定を理解するための効果的な情報源

ここからは、エコキュートの凍結防止対策を理解するための、効果的な情報をいくつかご紹介します。

設備自体の知識も必要ですが、凍結の外的要因も理解しておくと、いざという時に役立ちます。

より詳しくエコキュートについて知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

地域や季節による気温変化の影響

エコキュートは外気温の熱を取り込むことで、効率良くお湯を蓄えることができる設備です。

そのため、気温の変化はエコキュートに大きな影響を与えています。

例えば、夏場にお湯を沸かすと電気代は安いです。

夏場の水道水は温度が高いので、比較的少ない電力でお湯を沸かせます。

また、外気温が低い場合はお湯の温度が低くなりやすいので、設定温度を高くする必要があります。

しかし、夏場は設定温度を高くしなくてもお湯は冷めにくいので、経済的に非常に良いです。

凍結時の断水を事前に防ぐ方法

凍結時の断水を防ぐ方法

凍結時にエコキュートの断水を事前に防ぐには、浴槽にお湯や水を溜めておくのがおすすめです。

凍結予防運転のフルオート機能が搭載されていれば、自動的にお湯を循環させてくれるので、断水になる心配がありません。

ただし、循環口から10㎝以上お湯を残しておく必要があるため、足りない場合は水を足してください。

エコキュートの種類によっては、外気温が3度以下になると、自動的に運転するように設定されています。

エコキュート凍結防止に関する専門家の意見

エコキュート凍結防止に関する専門家の意見

エコキュートの専門家によると、凍結防止対策が必要なのはタンク・本体ではなく、配管と言われています。

タンクや本体には凍結予防機能が搭載されていますが、配管にはそのような機能が無いため、配管にこそ凍結対策が必要です。

水は凍結すると体積が増えるため、配管が破裂する可能性があります。

そのため、ヒーターバンドなどを巻いて保温をするようにしましょう。

エコキュート設置に関する費用と効果のバランス

エコキュート設置に関する費用と効果のバランス

ここからは、エコキュート設置に関する、費用と効果のバランスをご紹介します。

エコキュートは決して安い設備ではないため、費用対効果が気になる方も多いと思います。

ぜひエコキュートの購入前に、以下の内容を参照してみてください。

設定変更や部品交換に伴う費用とメリット

エコキュートは、故障した部品や場所、症状、メーカーなどによって修理費用の相場が大きく異なります。

お湯に関する修理であれば約5万円、水漏れであれば約7万円前後、ヒートポンプであれば約17万円です。

エコキュートは約10〜15年もちますが、使用年数が経過するほど不具合が発生しやすいので、10年に近ければ交換も検討してみてください。

業者に依頼する際の見積もりや作業内容

多くの業者では、無料で見積りを依頼することができます。

そのため、複数の業者で相見積もりをして、料金を比較するのがおすすめです。

また、見積りを依頼する際にスタッフの態度や返信スピードなどを比較し、本当に信頼できる業者か見極めることも重要です。

自主的な設定変更による節約とメンテナンスの関係

エコキュートは、自分でメンテナンスを行うことができます。

例えばタンクの水抜きや配管の清掃、漏電遮断機の点検、水漏れの点検などが当てはまります。

半年に1回ぐらいのペースでメンテナンスを行うと、エコキュートの寿命は10年以上維持することも可能です。

また、自力でメンテナンスを行えば、その分工事費用もかからないため、節約にもなります。

エコキュートの交換と設置工事はエコ電気サービスにおまかせ下さい

エコ電気サービス株式会社では、国内主要メーカーのエコキュートを豊富に取り扱っています。

お客様のご自宅に最適なエコキュートのスペック、型番などのご提案、設置環境などのヒアリングなど無償で行っておりますので、ぜひお気軽にご相談下さいませ。

エコキュートの故障などでお急ぎの場合は出来るだけ早めに対応させていただく事も可能です。

価格も施工品質も失敗しないエコキュート選びを始めませんか?ネット最安値の見積りを手に入れる

蓄電池・太陽光発電・V2H・エコキュート施工対応エリア

東北エリア
#宮城
#福島
中部エリア
#富山
#石川
#福井
#山梨
#長野
#岐阜
#静岡
#愛知
関東エリア
#東京
#千葉
#埼玉
#神奈川
#群馬
#茨城
関西エリア
#大阪
#兵庫
#京都
#滋賀
#奈良
#三重
#和歌山
中国エリア
#鳥取
#島根
#岡山
#広島
#山口
四国エリア
#徳島
#香川
#愛媛
#高知